春朗合わせ鏡

高橋克彦さん
春朗合わせ鏡の感想です。再読中♪
syunnrou.jpg

「だましゑ歌麿」「おこう紅絵暦」の姉妹編♪

短編集。青年絵師春朗(後の葛飾北斎)が活躍するお話です。
この作品の中の「女地獄」で、例のアノヒト、蘭陽が初登場します。

春朗のイメージは、ドラマ版の影響もあって、原田龍二さん♪
主人公の仙波、妻のおこう、父の左門、蘭陽、と魅力的な人物がいっぱい♪いる中。

この春朗と蘭陽のコンビがなかなか良いのです。
かけあいよろしく悪友の雰囲気。

中でも、私は、「父子道」の話がお気に入りです。

断絶していた父から謎の手紙が届き、とまどいながらも、父を助けようとする春朗。
そして、それを手助けする蘭陽。

暗号めいた手紙、そして、解決する策。そして、似たもの親子の描写など、とても読みどころが多く、面白いお話です。

全部で7つの作品が集められています。
また、寝る前に読み進めます♪
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR