6安楽椅子探偵ON STAGE 妄想捏造編

6

「なんだよ!そんなに言うなら、証拠があるんだろうな!」
田辺が凄んだ。

「証拠はある!」

「なにー!」

「証拠、証拠とほざくなら、私のように裸になってみろおーーーー!」

そう言うとその男は、服を脱ぎ出した。
皆が止める暇もなく全裸になった。

「きゃー」
素っ裸の男に女連中は大騒ぎだ。中でも三咲は顔を隠すふりをして、指の間からちらちらみている。

舞台監督の金山は慌てて背後からドライアイスの煙を送る。男の大事な部分はかろうじてドライアイスの煙に隠れた。

~説明しよう。この男、裸探偵ひら。自らが真っ裸になることで、犯人の心を開き、犯人の自供を促すのだ~

「えー、私が犯人なのよ!みんな私の長台詞聞いてなかったの?ね。聞いたよね」
江坂の必死のアピールは、実際に煙に巻かれていた。

皆が呆気にとられている中、一人、膝から崩れ落ちた者がいた。

田辺であった。

「うおー!そうだよ、俺が犯人だ!真犯人だ」
「な、なにー!」

「た、田辺、お前……お前……なんてことだ……」
緑橋が田辺に詰め寄った。
「……俺より声でかいじゃないか!」

「おーい、つっこむとこはそこじゃなーい」
天王寺が緑橋にダメだしをした。
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR