2カープ優勝への道のり

2 ~それは、コリジョンから始まった~
 
さて、交流戦です。3戦ずつです。
しかし、いきなり、ロッテに負けます。(2敗)
やっぱりな……。暗澹たる気持ちになりながら、次は強敵ホークス。しかし、これを1敗-1分雨天コールド-1勝でのりきるのです!(一度2位に)


全部一点差!なかなか今年のカープは、しぶとい。しかし、楽天にまた2敗するなど、貯金は5まで減ってます。

そして、迎えた西武

9回2-1で、勝った勝ったと思ってたら、なんのこっちゃない、中崎投手が、森選手に同点ホームランを打たれてしまうのです。がびよーん。

あーあ、と思った9回。
カープは粘ります。
2死1、2塁から5番に入っていた赤松選手に打席が回ってきました!

赤松選手もエルドレッド様と同じくらい大好きなヒト♥。

センター前ヒット!!!
菊池選手が還ってきます!
タッチをかいくぐってセーフ。
と、思いきや、アウト!

またまたがびよーん。

しかし、緒方監督が猛然と抗議!

審判はビデオをみにいきます。

新しいルール
コリジョンルールの適用なるか??

捕手がベースをふさいでいたりすると、走路妨害ということでセーフになるのです。

(体当たりをして捕手をさんざん壊していた悪いマナーの方がいたせいで、どうやら始まったようなのです。)


(1)走者は、最初から捕手(または野手)に接触しようとしたと審判に判断されると、アウトになる。(2)逆に、捕手(または野手)はボールを持たずに走者の走路をブロックしたと審判が判断した場合、セーフとなる。ただし、捕手が送球に合わせて守備をしようとして、走路をふさぐ結果となった場合は、前記は適用されない。


「ええ?これが!完全アウトがセーフ?激しいぶつかりあいもしてないし、ベースの一角もあいている(ようにみえる)のに」
というものを見て憮然とした気持ちになっていました

(今回、コリジョンうんぬんより、空タッチじゃないか?って思っていましたが……。)


長い長い協議がやっと終わり!

セーフの判定!
(走路上に捕手が立っていたから)

赤松選手、嬉しいサヨナラタイムリーとなりました。

アウトなら、持ってないなあと思っていたという赤松選手。

持ってます。持ってます。大好き赤松選手!

さて、シーズン途中で、このコリジョンルールは見直されました。

コリジョンルールの新しい運用基準の要旨は次の通り。


 一、走者が明らかに守備側選手に向かい発生した衝突や、守備側が明らかに走者の走路を妨害した場合に適用する。
 一、守備側の立つ位置は基本的に本塁の前。
 一、送球がそれ、走路に入らなくては守備ができなかった場合は適用しない。
 一、衝突がなくても立つ位置が不適切なら警告を与える場合がある。

ということです。

このルールなら、アウトのままだったのかしら?

まあ、去年、誤審により、CS に出られなかったことを思えば、まあ、この一勝くらいもらってもいいよね♪

と、思うのでした。

そして、この一勝は、ただの一勝では終わらなかったのです。

続く……
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR