スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊の守り人 シーズン1終了

精霊の守り人 シーズン1終了

では、第4回、決戦のとき 感想の続きと、シーズン1全体通しての感想です。

さて、卵をナージに預けて、めでたしめでたしと、思いきや、またしてもジンがバルサに斬りかかります。

しかし、バルサは寸止め。
ためらうな。
という松田ジン。
負けるつもりの者を斬る気はないというバルサ。

ジンは、バルサに恩を感じていた。
バルサがラルンガからジンの左手を斬り落としたことで助かったこと。

ジンは、借りは返すと言い、チャグムを見逃すことにし、自分は座して一礼して、去っていきます。

第1王子が亡くなってしまい(ドラマではこの死には平聖導師が絡んでる演出!)

チャグムは王宮に戻ることとなります。
もう、この別れのシーンが涙、涙。
チャグムは自ら皇太子としてゆくゆくは帝になる運命を選びます。

バルサがカンバル国に帰れるようにする。ってのが泣けました。

わがままな性格悪いガキんちょから、本当に成長しました!

対父親でも、負けてなかった!
「ジンを遣わせてくれたおかげだと、父上のおかげで助かった」と、言ってのけます。

自分を殺そうとしていたのを知っててこれだけ冷静に言ってのけるとは、本当にあっぱれ!藤原帝がたじたじ!

第1回で泣きべそかいてたチャグムと別人!
(帝は、この可愛い気のない餓鬼め!と思って確執が酷くなりそうなのが心配だわ……原作、どうだったっけ?)

バルサにももらい泣きでした。
トロガイは言います。
「あの子は本当はひと暴れしたかったんだよ」
バルサの後ろ姿に涙しました。

で、最後、タンダはやっぱりフラれます!


バルサ、雨の中の旅立ちで終わりかと思いきや!

エンディングは、カンバル王を狙うバルサ!手裏剣を投げます!

そんでもって、またしても
松田ジンがアーチェリーのような弓矢を放ち、そこでブラックアウト!

なんじゃこりゃーーでした。

最後は原作通りすっきり終わらせて欲しかったです!

まあ、残念なところはこれぐらいですかね。

俳優さん配役良かったなあ。

チーム王宮が人間臭いというか、俗っぽいというか、高貴なイメージが薄かった。どろどろだったなあ。
でも、それも一理で面白かったけど♪

狂気の帝、捨て身の二ノ妃、軽い星読博士、聖導師、怖かったなー。

特に、帝が藤原竜也さんってのはよく分かった(笑)
この狂気な演技、藤原さんじゃないとできんわ!
今後も玉持って暴れまわりそう……



何にしても大好きな松田悟志さんのジンの扱いがでかくて、今後も出番がありそうなのが嬉しい。

タンダとバルサは相思相愛なんだけど、ジンは、武術部門の陰の相棒というか、ムウミサみたくなんかやって欲しいなあ。
ジン、バルサに勝手に片思いして欲しいな(笑)

バルサのピンチを救って欲しいなー。
孤高のバルサのイメージを崩さない程度で(笑)

蛇足ですが、

シュガのイメージがどうしてもアニメや漫画に引っ張られていて、

シュガ=白い長い髪の毛のヒト

って感じだったのと、なんか軽い演出でシュガには違和感があって……

落ちついてクレバーな演技も楽々こなせる林遣都さんだっただけに、それはちょっと残念。
林シュガだけなんか演出なしのほったからし。のような感じで……これまたシーズン2での成長のギャップを出すための布石だろうから、まあ良いことにします。

シーズン2からは、チャグムは交代!小林チャグムはシーズン1で終わりということなので、本当にお別れです。

シーズン2もチャグムを演じて欲しかったです!
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。