精霊の守り人 第1回 女用心棒バルサ

精霊の守り人 第1回 女用心棒バルサ

待ちに待った精霊の守り人のドラマが始まっています。
NHK では、全22回を、3年に分けて放送するとのことです。

物語の配分など、放映までに色々想像したり、また、宣伝番組はもちろん、公式サイトでゲームをしたり、ガイドブックを買ったりと、楽しい日々を過ごしておりました。

どうやら、2016年は精霊の守り人一巻分のようです。
バルサの子供時代、流れ行く者 の話しも入っていました。。

さて、3/18は、心配した通り、怪盗山猫の最終回とがっちゃんしてしまいました。我が家のケーブルテレビは、裏番組が録画出来ません。精霊の守り人を保存したいので、居間のテレビで、山猫と交互に見ることとなりました。

それでは、ドラマの見所や、原作との違いなどのネタバレ感想を書きます。

第1回に限らず、精霊の守り人全体に関するネタバレもありますので、小説を読んでいない方はご注意下さい。


私が楽しみにしていたのは、俳優さんの演技はもちろんなのですが、その世界観や新ヨゴ国の風景です。

やはり、のっけからCG てんこもりです。
新ヨゴ国の地図の上を鳥が飛びます。

それから、鳥がヨゴ国を飛ぶのを上から。新ヨゴ国の水と緑が美しい!
想像以上に美しい!

そして、バルサの頭上を飛んで行くという憎い演出。鳥にニヤリとする私。

原作の小説は、マイミクさんがお薦めしていて、10年ぐらい前に読んだのですが、本屋で、冒頭の2、3行で、即購入を決めました。

(なんと、解説でも、その冒頭の文章を取り上げていました。)



バルサは、綾瀬はるかさんです。

大賛成です。夫はなんだかんだ言ってましたが、綺麗な人がやってくれるに越したことはありません!!!

身体能力にも優れていて、のっけのアクション(チャグムを救いに川に飛び込む)にもカッコよくてトキメキ😌💓

名を聞かれ、バルサと答える綾瀬バルサ。
綾瀬さんのドラマはあんまり見たことないですが、ふわふわして可愛い声ではなく、低くてぶっきらぼうな声にこれまたときめく。

(最近原作小説を読見返しましたが、バルサの台詞は綾瀬さんの声がもう自然と聞こえて来て、良い意味でゾクゾクきました!)

でも、バルサは、大好きな松田悟志さん演じるジンにガツンとやられてブラックアウト。

なんと、バルサは捕まって牢に入れられてしまうのです!

これは、原作にはありません!
原作でも、風呂やらご馳走のシーンはありますが、捕まるシーンはありません!
原作をカットするどころかシーンを増やしていてびっくりでした。(気を失わせて回想に繋げて、なかなか良い演出!)

さて、王宮の人たちのことは、第2回以降に書くとして、第1回の見所は、4人の狩人とのアクション!

これは、メイキングなどで何回も見ていて、素晴らしいことは分かっていたのですが、続けてみると、やはり激しく、そして、格好良い!

綾瀬バルサ最高!
実際の殺陣より早回しにしているとは思いますが、そのスピードが凄すぎる!
綾瀬バルサのスライディングも格好良く
何度見ても飽きません。
4対1なのに凄い!

モンに背中を斬られるシーンは、本当に痛そうで、思わず悲鳴を上げたくらいでした。

崖から二人で落ちたところで第1回は終わり!いいところで終わりで、第2回への繋ぎとしては申し分ないのでした。

では、また、第2回で。
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR