拝大五郎・外伝『凧、凧、あがれ!』

拝大五郎・外伝「凧、凧、あがれ! 」

その一~大五郎~

夕暮れの草原に幼ない子が一人。

その子は細い腕で、土を掘っていた。
小さなその手で土を掘る徒労を知るその子は、道具を探した。
小屋から鍬を見つけたその子は、慣れぬ手で土を掘った。
膨大な時を要して、戦いの末力尽きた者を、土の中へと埋葬した。
暗闇の中、その子はまさしく、孤独であった。
しかし、この日が来るであろうことを、日々感じていた子でもあった。

暗闇の中、その子は歩いた。
ただ、地面だけを見据え歩いた。 

山道を降り、まだ人覚めやらぬ街道に出た。
朝日が昇り、人でにぎわう街道。
もうその子に傍らに、父はいない。

あてもなく歩くその子にも、誰にも、陽の光が降り注いだ。
その子は、ふと、空を仰ぎみた。

その空が、一瞬、灰色の渦を巻いたように、ぐにゃりと動いた。
その子は思わず目をこすった。

初秋のその青い空に季節はずれの凧があがっていた。
不意にその凧は糸が切れた。風が凧をさらい、凧は、その子の視界から消えた。
また、その子は地面だけを見て歩くしかなかった。


拝大五郎・外伝~凧、凧、あがれ!~

この物語は、生と死のはざまで生き抜いてきた拝大五郎が、愛と希望に満ちあふれた人の中で、おだやかな日々を過ごす物語である。

<主題歌>
「その青い空に」~作詞・ひらたま~

君の瞳には何がうつっている
殺戮と死の日々 悲惨な毎日
でも君はみていたね
青い空と小さな花 祭りににぎわう人の群れ
君の心はいつも優しさに満ちていた
君は一人でそれをみていた
もう一度 みてごらん 
この青い空を この広い空を
君の瞳には何がうつってる?
きっと明日という日がみえるはず

<主な出演>

拝大五郎 小林翼 

道の向こうから走ってくる大五郎、川原で草を摘む、笹舟を浮かべる、犬とじゃれる、川で泳ぐ、木の実を拾う、雪だるまを作る、春夏秋冬、さまざまな季節の中の大五郎。

仏田八兵衛 片岡鶴太郎

おでんあちちの八兵衛、うどんあちちの八兵衛、鍋のふたをあけてあちちの八兵衛。いろんなあちちの八兵衛。

青山久蔵  村上弘明

釣りをしている青山さま、飲みすぎて縁側で寝そべっている青山さま、大あくびの青山様……


※2016/1/27にミクシイより再掲載→その後1/8の記事欄に移動予定
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR