スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1裸探偵ひら忘却の岬

裸探偵ひら「忘却の岬(妄想捏造編)」


この物語は、綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状安楽椅子探偵と「忘却の岬」

の、謎解きに激しく関わっています!

放送や(DVDなど)をご覧になっていない方、見る予定の方は決して見ないでください。

物語のラスト(すなわち、謎解きが終わった後から始まっています!)

見た人限定でーーす。


1/25から1/5に記事を移動しました。










第一話「裸探偵・ひら登場」

卓也と真紀は熱い抱擁をかわしていた。二人は体をそっと離し、またみつめあった。
「卓也さん」
「真紀!」
真紀はそっと目を閉じた。

「ちょっと待った~~~!!!」
二人がキスを交わそうとしたその瞬間、崖の方から声が聞こえてきた。
「そのキス待った~!」
中年の男が二人に近づいた。

「一体、あなたは誰なんだ!せっかくのラブシーンを邪魔しないでくださいよ!」
卓也は大声をあげたが、すぐに真紀のほうを振り向いた。
「ねえ、真紀ちゃん~~、ちゅ~しましょう♪ちゅ~~って」

真紀は卓也の腕をすりぬけた。中年男に興味津々のようである。
「あなた、海馬地区の人じゃないわね」
「はい、私は、この地区の人間ではないです」
男はなぜかしら自信満々な口調だった。

「え~~、一体、どこから来たんだ?あのね、今も言ったでしょう、今は2007年なんですよ~。月齢調べた?月齢から2007年なんだよ。トンネルは開通してないの!だからね、この地区は今、道がふさがれてて誰もこれりゃ、しないんだよ。え?あ?もう道開通したの?それ、早く言ってよ~」
卓也は一気にまくしたてた。

「わしが、どこから来たからって?」
二人は男をみつめた。男は輝くような笑顔をみせた。

「それはおいといて♪」

「いきなり、つかうかーーーーー」
「いきなり、おいといてかよーーーーーー」


「失礼しました」
と、男は頭を下げた。
「わしは、海から来たんです」
男は仁王立ちで高らかに言い放った。

「う、海~~?」
二人は同時に叫んだ。

「あっはっは!わしは、ここまで船でやってきたのです!その崖の下には洞窟があるのです。そこで小船を降り、そして…その洞窟にあるエレベーターでここまで上がってきたんだよ~ん」

「ふ、船~~。も、盲点だった~。その手があったか~」
卓也は悔しがった。

「先ほどの話はすべて聞かせてもらいました。が、しかし、真犯人はあの人じゃない!あなたですね。真紀さん!」
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。