スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・八丁堀の七人 江戸城大爆破?爆弾魔を捕縛せよ!

新・八丁堀の七人
その一 江戸城大爆破?爆弾魔を捕縛せよ!

うららかな小春日和である。北町奉行所同心・花田孫右衛門は、先の事件を書面にまとめていた。

「精が出ますね。孫さん。ま、一服しませんか」
同僚の仏田八兵衛が茶を差し出した。

「おっと。こりゃ八兵衛さん、ありがとさん」
孫右衛門は、差し出された茶をすする。

「これは、ささっと終わらせて、こいつも仕上げなきゃならないんで」
と、内職を取り出した。
爪楊枝作りをして家計の足しにしているのだ。

花田孫右衛門は、剃刀と呼ばれたこともある仕事熱心な男であった。しかし、再婚を機に、家庭第一、仕事は二の次。をモットーとしたのである。
孫右衛門は子宝にも恵まれ、先妻との子も含め、なんと七人の子沢山であった。

「養子に出したり、嫁に行くことが決まった娘もいるんですがね。まだまだ、稼がないと。本当に金がいることばかり」

そう言いながらも孫右衛門も顔にはどこかしら笑みが浮かんでいる。

「とか、言いながら、孫さん顔がにやけてますよ。家族がたくさんいる。それだけで、幸せなんでしょ?」

八兵衛の問いには答えなかったが、孫右衛門の表情は柔らかいままだった。

「一番下の子、留右衛門……、いや千代丸はいくつになったんだい?」

「七つになりましたよ。上の子達に、もまれて育ったせいか、無鉄砲でがさつなとこもあってね。もうちいと、落ち着きがあるといいんですがね。まったく悪餓鬼ですよ」

「千代丸は、たくましいよ。あの事件をくぐり抜けた子なんだから」
八兵衛は感慨深く息を吐いた途端、孫右衛門の顔が厳しくなった。

「あの子の遺体を見た、あの時の恐ろしさは今でも忘れられません。千代丸は無事に帰って来ましたが、あの時、自分の体が引き裂かれたように苦しかった……本当にあの子だったら、あの子が死んでいたら私も死んでいたかもしれない……」

「千代丸が捨吉に拐われたあの事件……」※

孫右衛門の子、留右衛門は、産まれた直後に捨吉という男に誘拐されたことがあった。
捨吉は、竹姫の身代わりの子として留右衛門を拐ったのだ。
捨吉は留右衛門を殺して埋めたと言い、そこには子どもと、捨吉の母親の遺体があった。しかし、留右衛門ではなく、実は、死産した竹姫の子だったのだ。
すんでのところで、留右衛門を取り返すことに成功した八丁堀の七人だった。

そして、竹姫の気持ちを思って、留右衛門の名前は千代丸とつけかえられたのだった。

「千代丸という名前は優しい姫さまがつけてくれた。千代丸には、それだけを伝えてあります。自分がさらわれた、なんざ知らなくていいことです」

孫右衛門は、それ以上は何も言わずに楊枝作りに没頭し始めた。

※八丁堀の七人、第5シリーズ第4話



プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。