赤毛のアン 偕成社 村岡花子版 

ドラマ「花子とアン」で、村岡花子さんが「腹心の友」と、訳す場面が出てきました。

私が子供の時から読んできた本は、「心の友」と訳されていて、あれ?村岡花子さんの訳のはずなのに、違ってたのかな?とモヤモヤしていました。

実家に置いてあるのを、母に探してもらい、ようやく見つかりました。

この本は隣のお姉さんにいただいたものでした。
発行は、昭和41年でした。

偕成社 少女世界文学全集

果たして、やはり、村岡花子さんの訳でした。

私には、やっぱり、腹心の友ではなく、心の友ですね。

さて、この本、もうボロボロですが、挿し絵があるのが、いいんですよ。

ちなみに、この赤毛のアンで私がいちばん好きなのは、茶色のふくらんだ袖のワンピースのエピソードです。




プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR