スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21狙われた看板娘

21

お駒の店、つる屋で、盗人・はやぶさ一味が、金をさぐっていたが、その背に、呼子の笛の音が聞こえた。

盗人たちは、あわてて、裏口から逃げ、道へと駆け出したが、そこには、八丁堀の面々がずらりと勢ぞろいしていた。

磯貝の声が通りに響いた。
「北町奉行所である!盗賊・はやぶさとその一味の者。おとなしく縛につけ!」

「うるせぇ!」
はやぶさ一味の手下が、向かって来たのが合図であるかのように、捕り物が始まった。

青山の鉄鞭が唸りをあげて、賊の肩に、腹に、と、打ち込まれる。

孫右衛門は、お手製の目潰しを放ち、盗人たちがひるむその隙を狙い、磯貝が十手を振り下ろした。

源吾は、いつもの倍以上の力でもって、十手を盗人たちに向かって、叩きつけた。

兵助、一郎太も、大暴れだ。十手で、殴るのはもちろんのこと、足蹴りを賊に食らわせている。

八兵衛も必死の形相で立ち向かう。はやぶさ一味には、浪人風の男もいたが、その男の刀が八兵衛の頭めがけて振り下ろされた。しかし、八兵衛の鉢金がそれを受け止めた。
「痛ぇ」
そう言いながらも、八兵衛は、十手を相手の肩に何度も叩きつけた。

徳松を含む町方勢が、賊に縄をかけた。残るは、後一人となった。

一郎太が逆手に持った十手が、その賊の顔面に向かって振り下ろされた。
賊は、その一撃をかわしたが、顔を覆っている手ぬぐいがめくれて落ちた。
ひるんだ賊の手首に兵助の蹴りが入り、賊は匕首を落とした。

源吾の目の端にその男の顔が映った。

「政吉!てめぇ!」
一目散に政吉に駆け寄った。
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。