スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-2八丁堀の七人

八丁堀の七人3
第2話 壮絶大捕物!狙われた目撃者 2002年1月14日脚本・藤井邦夫 監督・齋藤光正

<超簡単あらすじ>

江戸の街で辻斬りが続いていた。
現場に残された印籠と目撃証言から旗本・榊原右京介(立川三貴)
)とその配下、矢吹兵庫(須藤正裕)・伝八(柴田善行)らの犯行を疑う。

唯一の生証人・大工の半次(前田淳)が現れたが、危険を感じて、行方をくらましてしまう。女房のお美代(長谷川真弓)も事件について口を閉ざしてしまう。

張り込みの最中に、矢吹が現れ兵助を斬り、また、半次も斬殺する。

証人を失った八兵衛は、お美代に「どうしても仇が討ちたいのなら、矢吹兵庫と伝八が亭主を殺したと、言い触らせ」と言う。

仏の八兵衛は鬼の八兵衛は鬼に変わったのだ。お美代をおとりに使い、伝八たちを誘い出す。

支配違いの旗本・榊原に手を出せない八丁堀の七人。 八兵衛は十手を返し、乗り込んでゆく。
屋敷から誘い出された矢吹。
そこには、青山たちが待ち構えていた。

「もはや、天下の往来、磯貝、好きにしろい!」

八兵衛に鉄兜を渡す青山だった。

後日、榊原右京介は、切腹となるのであった。

<感想>

『太陽の子』の長谷川真弓さん。すっごい、痩せてるなぁという印象。役のせいか、ちょっとぎすぎすしたかんじに(涙)どうか、もっと幸せな役を、オネガイシマス。

八兵衛が、半次をかくまっておけばよかったのにぃ~と思って残念でなりません!

今回は、アクションがすさまじい。
悪の矢吹は、誰でも彼でも、ズギュズギュで、兵助がやられてしまいます!このシーンは、「うわ!」って声が出てしまいます。強い悪です!

八兵衛さんも、鬼になるので、悪を痛めつけます!

捕り物シーンは圧巻ですたった一人に、大勢でやっつけます。

お笑いシーンが少なくて、息苦しいかんじがする中、最後の捕り物で気持ちが高揚します。縄は四方八方から飛んでくるし、目潰しも飛ぶ、はしごで押さえつける。痛快です♪

榊原右京介に向かって(与力に推進してくれたらしい)今度は目付けがいいとかぬかす青山さまも、生意気で素敵です!

あと、
「十手を忘れる仏田八兵衛、……二度と忘れるんじゃねぃぜい!」

普通に渡せばいいものを、格好つけるの大好きな青山様です。
照れ屋さんではないと思う(笑)

今回も悪を倒すために、一般人を危険にさらす、北町の人たちです。

秋山久蔵御用控3迷子石収録生証人

ドラマでは、兵助が斬られますが、神崎和馬が斬られます。
秋山様が、鬼になります。
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。