スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-7八丁堀の七人

八丁堀の七人3
第7話 母と名乗れない女!わが子と涙の対面 2002年2月18日
脚本・ちゃき克彰 監督・江崎実生


<超簡単あらすじ>

隠し子騒動で、てんやわんやの磯貝と同心たち。 磯貝の娘、お袖の見合い当日だったため、磯貝は、庄太(横井涼)を「八兵衛(片岡)の隠し子」だと言い繕ってしまい、八兵衛は、庄太をしばらく家に預かることとなった。

翌朝、湯島天神裏で男の刺殺死体が見つかった。
 殺されたのは、日本橋の油問屋「相模屋」の元番頭・芳三(岡田和範)。「相模屋」の女将・お艶(原久美子)によって半月前、店をクビになった男だった。

「相模屋」主人・政之助(山西道広)の妹夫婦・お糸(杉本夕子)・蓑吉(伊藤高)が「芳三殺しの犯人は、お艶だ」と訴え出てきた。
芳三が妹夫婦に「お艶には、酌婦時代の隠し子がいるらしい」と匂わせていた。お艶が、口封じに芳三を殺したに違いない、というのだ。

庄太の様子がおかしくなった。相模屋を訪れたり、奉行所で聞き耳をたてたりしているのだ。

果たして、庄太は、お艶の子であった。無理心中しようとして、お艶は生き残ったが、息子は死んだと思っていたのだった。だが、庄太は、おたけに育てられていた。庄太はおたけから、母はお艶であることと、磯貝を頼るようにと、聞かされていたのだった。

殺害現場を見ていた弥三郎から脅されていたお艶。弥三郎を見張っていた源吾は何者かに殴られ気絶している間に、その弥三郎は、女に殺されてしまう。

取調べで、お艶は庄太と対面する。また、芳三の致命傷が別の場所にあったことと、弥三郎殺しを否定したことから、お艶は放免される。離縁を申し出るお艶であったが、庄太は自分の子だと、夫は言うのだった。

真相を探るため、庄太が誘拐されたにもかかわらず、お艶が動くの待つ青山。

お艶が持ってきた金を奪い、二人を焼き殺そうとする妹夫婦だったが、七人たちが乗り込み、油まみれの中で必死に捕縛するのだった。

芳三殺しの犯人は弥三郎で、弥三郎殺しの犯人は、相模屋乗っ取ろうとする妹だったのだ。

晴れて、二人は親子の名乗りをあげるのだった。


<感想>

ゲストは初めてみる原久美子さん。
声が素敵!口調とか落ち着いてて、いいなぁ~~♪♪

殺人犯して、それを隠すためにまたも殺人を犯してしまったのか!と思わせといて、実は、下手人は別!
最初の検死のシーン、わき腹と胸の傷。胸の傷が致命傷がちゃんと伏線になっていました!ちゃんと見なきゃですね!!!

犯人でなくてあ~よかった♪

隠し子騒動で、父親の名は?庄太が、「磯貝総十郎」と答え、皆がお茶をぶーと噴出すシーンは、めっちゃ、べただけど、笑ってしまう。
で、「いそがいそうじゅうろう~~」と皆で一斉に言うのが笑える。タイミングいいなぁ。

磯貝さんは、毎回お笑い部門担当。みなに、さげすまれてるのが、とても楽しい♪
源吾もなごみ部門担当。第三シリーズに入ってそれが際立っている!いいぞ、日野陽仁さん

「見合いも意味ないじゃ~~ん」の台詞も笑ってしまう。

青山様、今回も嫌味た~ぷり。
「誤字脱字だらけだぜぃ」「字も書けないすけこまし同心ですみません」ってそういったのかい?」「いつばれるかドキドキものだぜぃ」

磯貝さん、青山さまだけでなく、「跡取りつくるのがんばれ」とか、娘のお袖ちゃんにも、からかわれたりと、ほんと、中年お父さん大変だ(笑)

でも、ラブレター事件といい、けっこう女にもてる磯貝さん女がらみのお話は、この後もシリーズ定番となるのであった♪

八兵衛が、青山さまの言うこときついとぼやくシーンもあって、くすりとしちゃう♪
「根はいい人なんだだけど、体と態度がでけえよなぁ」

青山様、お奉行様の隠し子も知ってる、地獄耳~~。それをネタにゆさぶって、磯貝さんの隠し子、ちゃらにするという。おそるべし青山様♪

しかし、市之丞さまは、庄太を危険にさらす父上におかんむり♪
親子の溝はまた深まるのであった……。

今回は親子がテーマ♪3組の親子、それぞれでしたね~~。

~蛇足~
庄太の気持ちを八兵衛が代弁して、涙を誘うが、
「お艶は母ちゃんじゃない」という庄太の気持ちを考えてみると、

~殺しの下手人が自分の本当母ちゃんかもしれない~と思ったら、そりゃぁ、単純に「そんな人、母ちゃんじゃない」って言いたくなるような気がするのだが……、と、余計なことを言って、感動的なお話を台無しにしてみたいと思います。
あ~ほんと、下手人じゃなかったので、親子の名乗りができて良かった、良かった♪

蛇足2
八兵衛はろうそくの火を振って消していた。
火の粉が飛び散ったらやばいので、吹き消したほうがいいのではないだろうか????

テーマ : 時代劇
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。