3-8八丁堀の七人

八丁堀の七人3
第8話 捨て身の人質救出!愛する女を守れ!! 2002年2月25日脚本・奥村俊雄 監督・江崎実生

<超簡単あらすじ>

食い詰め浪人の寺崎兄弟一味が、連続辻強盗を働いていた。
居場所を転々とし、徳松(鼓太郎)の親友・留吉まで一味に殺される。
青山は、捜査の指揮を八兵衛に執るよう命じる。

兵助の様子が少しおかしい。弥生を好いているようだ。兵助に気のない弥生は、とっさに「私の好きな人は八兵衛さん」と言ってしまう。弥生は、八兵衛に仲の良い芝居をするよう頼み、兵助をあきらめさせようとする。

徳松が、寺崎兄弟一味の隠れ家を探り出した。
捕物出役で、弟の平八(成瀬正孝)を捕らえる。しかし、兄・文五(内田勝正)は捕り逃してしまう。

八兵衛は、弥生の母からの手紙を見てしまう。「弥生が長崎に帰るかも知れない」と、また一人になるさびしさで、仕事に身が入らない。

文五らは、捕まった平八を牢から出すために、弥生を誘拐し、八兵衛に人質交換を持ちかける。

青山は、頑として動かないため、 兵助が、勝手に牢から出してしまうが、兵助は、怪我をして、その上平八にも逃げられてしまう。

八兵衛は、一人で弥生救出のため、乗り込んでいく。
「俺の女だ」と、自分が人質になると言い出す八兵衛。
あざわらう浪人たちを尻目に、腹に巻いた爆薬をみせる八兵衛。
「弥生さん、一緒に死んでくれ」
爆薬を孫右衛門の力を借りて盗み出していたのだった。

かけつける同心たち。浪人たちをお縄にするのだった。

弥生は、八兵衛の言葉の意味を確かめるが、八兵衛ははぐらかしてしまう。
「好きな人って、青山様?」とか同僚達の名前を次々言って弥生を怒らせてしまうのだった。


<感想>

今回は恋愛がテーマ!

兵助が、弥生さんに恋心を!弥生さんのお風呂シーンも目撃しちゃうし、兵助、もう、たまりません(笑)

で、第三シリーズ冒頭から、急に八兵衛に接近しまくりの弥生堂!
相田翔子さんや、中島ひろ子さんに、焼き餅、焼きまくりですもんね~。

二人とも、憎からず、でも、やっぱり、元夫と元妻への思いを断ち切れない?せいなのか、二人とも、ちゃんと好きって言いません!!

じれったいたら、ありゃしません~。
弥生さんも、せまるくせに、好きとは、言わないしね~。
でも、大笑いしておもしろかったので許す(笑)

でも、やっぱ、八兵衛さんの中には、まだ、あの逃げた奥さんがいて、独りになるのがさびしいだけなのか、弥生さんのことが好きなのか、よくわかんないのかもね。
あの奥さんは、よくわからんちんの人なんだから、はよう、忘れなさい~~。

それにしても、仏田八兵衛のウイークポイントは、恋をしちゃうと、仕事に身が入らなくなってしまうことですね~。

今回のなごみポイントは源吾!!源吾最高!!
いつも、聞き込みばかりで、性格が飄々で、仕事より噂話が好きなせいか、主役のお話もない(涙)んだけど、でも、欠かせない人♪茶化すのが最高です♪

今回は、青山様は、いつものごとく、自分だけわかってて、部下には作戦伝えない作戦。
源吾は、もうへろへろです(笑)
意味わかる?


ほんと、毎回、青山様にあごでこき使われています。若者二人の次に、足で稼ぐ捜査は、いちばん源吾さんがしてると思います。あごでこき使われたせいで、あごが長くなった源吾お疲れ様、源吾さん(笑)

八兵衛が、弥生の好きな人あてクイズ(笑)で、あ~と、あごの長いポーズをする時の顔がおもしろすぎる!!!

初恋の終焉もかわいそうだったが、今回も兵助、ふられたなぁ~。かわいそう、でもがんばれ♪
兵助が仲の良い八&弥生を見て、そっと障子をしめるシーン。
最後もだめおしで、また、源吾「意味わかる?」一郎太「わかんない」と使ってくれておもしろかった。


八&青のコントシーンは釣シーンにて。
「え?子供つくっちゃえ?!」「そんなこと言うかね?」「言うんだよ~~あっはっはっ!」「普段何考えてんだろ……」

テーマ : 時代劇
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR