スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存編1八丁堀の七人

テレビ朝日で放送された、時代劇、八丁堀の七人。
その最終回は、上様に直訴をしにいって、門が開くというところで、完です。

その後の話はありません。直訴の結末はわかりません。七人の生死については、上様への直訴は御法度、死罪。なので、七人はたぶんその後死亡というのが、想像でき、涙を誘います。

なんとか、七人が、生き残る方法を考えたのが、こちら。以前mixiで、書いたもののをこっちにも掲載しておきます。


八丁堀の七人~千代田のお城の奥の前~

上様は暴れん坊




「ご開門願います!!」
闇に、その言葉だけが飛び交う。
「開く訳がなかろう」若年寄が不敵に微笑み、家臣らが刀を抜く。
その時だった。
「ぎぎぃ」城の門が開かれた。
「まさか・・」戸田若狭守の顔が驚愕であっけにとられた。
「・・・行くぜぃ」
青山久蔵が立ち上がる。八兵衛たち6人も後に続く。
門の中に足を踏み入れる。。。

八兵衛は身震いがした。
「何震えてやがる?八」
青山の顔は、いつもと同じだ。冷静で沈着。そして、その顔には笑みさえも浮かんでいる。
「いえ・・」
青山様には畏怖の念というものはないのだろうか?ふと八兵衛は思った。いや、そうではない。ただ、自分の正義を貫く。この人はそれだけなのだ。。。

「行くぜぃ」
同じ言葉だが、腰の据わった野太い声が響いた。

「待て、貴様たち、そのあまりの傍若無人、門の外へ引き戻せ!」若狭守がひときわ甲高く叫んだ。

その時だった。
一人の侍が現われた。
「何者だ!」
しかし、その侍は、黙って抜刀する。
すり足で、若狭守に、にじり寄る。

「あ、青山様」
磯貝が、判断を仰ごうと、青山の顔を見る。
青山は唇を噛んだまま、じっとして動かない。

青山たちの前を、一陣の風が吹きぬけるように二人の忍びも現われた。
「おまえたち、手を出すんじゃねえ・・」
「しかし!」「なぜですか!」
一郎太と兵助が勢い込んで言ったが、青山の鋭い眼光に押し黙る。
彼らも気づく、手を出したくても、自分たちは丸腰だ。手の出しようがない・・・。

その侍の剣はまるで、舞のようだった。斬り結ぶと火花が闇夜に溶ける。
家臣たちは次々と倒れていく。
侍が一言告げると、忍びが、若狭守に向かって、刃を突き刺した。
若狭守は絶命する。

「あなたは一体?!」
八兵衛のその問いには答えず、侍は告げる。
「ここからは立ち去った方がいい」
張りのある声と落ち着いた物腰。今の剣といい、只者ではない。八兵衛は思った。
「いいや、私たちは、この奥に用があるんでして」
「伝えておくと言ってもか?」
「はい」
青山も頑固に言い張る。侍と瞳と瞳がぶつかりあう。
ふと侍の方に笑みが走った。

「北町奉行所与力 青山久蔵、わかっておる。しかと、伝える。いや、そう言っても納得しないだろうな・・。そちの気持ち、しかと受け止めた」

青山がはっとした。

「何も言うな」
侍がまたにこやかに笑った。
青山はその侍に向かって深く、頭を下げた

「行くぜぃ」
青山は、きびすを返す。

八兵衛は振り返って大声を出した
「あのお名前は・・・お名前だけでも聞かせてください」






「俺は・・・天下の風来坊・・・・・徳田新之助だ」

その侍はそう言って、微笑んだ。

「ねえ、ねえ、どういうこと?ねえ、どういうことよぉ~~」
「いいから、帰るんです」
源吾の叫びを、孫右衛門が軽くなだめる。
七人は門の外へと歩き出した。

                 ~終わり~






※この話も、吉宗の時代とは違うので、ありえない話なんですけどね。
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。