八丁堀の七人「少年と盗賊」その一

小説 八丁堀の七人 「少年と盗賊」

その一

一郎太は走っていた。古川一郎太。北町奉行所同心である。
一郎太の目の前には、少年が走っていた。年の頃は十前後のようだ。

「待て!」
「待て、と言われて、待つばかはいないよ」
少年は角先を曲がると、そこで待っていたこれまた年端もいかぬ少年に何かを素早く手渡した。
渡された少年は、それを素早く隠した。そして、なに食わぬ顔で、一郎太を横目に見て通りすぎていった。

一郎太はそれには気づかず、前を行く少年だけを追っていた。
「くっ!あいつ、足、速えな!待て!」
一郎太は、ますます遠ざかって行く少年に焦りを感じて、また叫んだ。

町外れで、ようやく一郎太は追いついた。
息が切れている一郎太に対して、少年は涼しい顔で、
「待て待て言うから、待ってやったよ」
と、うそぶいた。

「懐のものを出してみろ!」
しかし、少年は、にやりと笑うだけだった。

「団子の金、払っていなかっただろ。私は店の主人に頼まれて、張り込みしていた。私は見てたんだ。金は払っていなかったよな。金を払うのを忘れていたなら今から払いに行こう。払えないなら、団子を返すんだ」

「何にもないよ」
少年は着物の前をはだけてみせ、
「団子って、いったい何のこと?」
と、とぼけてみせた。

「団子は捨てたのか?いや、そんな様子はなかったな」
一郎太は小さくつぶやいたが、はたと気づいて、
「そうか、お前、食ったんだな。走りながら、食ったんだ!」
と、大声を出した。
得意気に言う一郎太に、少年は思わず吹き出した。

2015年1月15日より掲載開始

プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR