その十八 少年と盗賊

八丁堀の七人 少年と盗賊


その十八

その瞬間、

カキン

と、いう音と、ともに、お頭の刀は弾き飛ばされた。

「誰だ!」

お頭たちが、ひるんだ隙をついて、大五郎は、鶴吉と亀吉の手を取り、盗賊たちから距離をとった。

「北町奉行所である」
磯貝総十郎の大音声が小屋に響いた。

「てめえら、その子どもらをどうする気だい?」
青山の眼光が、凄みをましていた。

「てめえらの薄汚い欲のために、子どもを使うんじゃねえ!」

八丁堀の七人たちは、盗賊たちに、にじりよった。

「父上!」
大五郎が、青山の顔を見て叫んだ。

「旅一座の権蔵とその一味。上方での悪行、書状により明白である。松田屋、並びに、喜久屋の蔵破りについても詮議いたす。神妙に縛につけい!」

磯貝総十郎の声を打ち消すように、お頭が、叫んだ。
「やかましい!やっちまえ!」

お頭は、飛ばされた刀を拾い直して、同心たちに挑んできた。

孫右衛門の煙幕玉が飛び交った。
兵助、源吾、八兵衛、総十郎たちが、手下たちの短刀に、十手で応戦する。

子らは、その中を逃げまくった。

しかし、亀吉が、小道具につまづいて、転んでしまった。
「ちきしょう、裏切りやがって!」
お頭の刃は、今度は、亀吉に向いた。

「危ない!」
一郎太が、自分の身を投げ出した。
  
一朗太は、一撃目は十手で刀を受け止めた。
が、次の刃は、受け止めきれず、左腕をお頭に斬られてしまった。

「くっ!」

「い、一郎太さん!」
一郎太は、流れる血を押さえようともせず、慌てる亀吉をその腕で庇った。

「お前ら、なんで、こんな薄汚いガキのために、命はるんだ」
お頭は、せせら笑った。

「薄汚いないのは、そっちだろうが!腐って腐りきった悪から、弱い者んを守るのが、私の仕事だ!」

一郎太は、十手をかざしながら、お頭の一撃をかわし、お頭の後ろに、回りこんだ。そして、飛び上がり、お頭の首の後ろに、十手を降り下ろした。

「ぐおっ」

お頭は、崩れ落ちそうだったが、踏みとどまった。
一郎太は、後ろに下がり、助走をつけて、飛び蹴りをくらわした。

お頭は倒れたかにみえたが、しぶとく、起き上がる。

その脳天に、今度は、青山の鉄鞭が、唸りを上げて降り下ろされた。

手下たちも、同心たちに取り押さえられた。

「引っ立てい」
青山久蔵の声が、芝居小屋に響いた。



小説 八丁堀の七人18
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR