スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巌流の泪2013

『巌流の泪2013』

昨日、獅四丸ファイブ第六回公演をみにいきました。

クリエイティブ・スペース赤れんがというところでありました。
初めての場所で、初めての劇団。

面白かった!
今日は、いろいろ感想が頭をかけめぐってちょっと仕事が手につかないほどでした。

あらすじは、佐々木小次郎が、武蔵との決闘なのに、早く着きすぎちゃって困っちゃったよぅ♪。
というところに、試合の検分役である山田五郎という人物が現れてというお話。


ネタばれしながら感想。

いきなり、小次郎、一人ぼっちで泣き出しちゃう。
山田と友達になろうなろうと、きもくてうざいキャラな佐々木小次郎。

出演の5人すべてがばっちりはまっていて、最高でした。
なにせ、緩急のつけ方、間の取り方が絶妙!上手い。さすがプロ!

ちなみに、お話とは関係ないところでの「ナウシカ」ネタが超つぼで、いちばん、大笑いしました。
もちろん、それ以外でも大笑いでした。


山田役としてご出演している池本さん(初対面)とお話できるチャンスがあったので、少し感想を言って帰りました。

池本さん、すごい才能だなぁ。
ケーブルテレビでも、この獅四丸エンターテインメントさんが製作されたドラマが放送されています。
会社として経営されていて、本当にすごい!その才能に嫉妬さえ覚えます

脚本、すごく面白かった!あのことは、カンの良い人なら前半でわかるかもしれないけれど、私は、半分ぐらいで、はは~ん。とピンときました!仕掛けが効いててよかったな~。ほんと、おもしろかったわ~~。


でも、ただ、今回初めてみた舞台について。

池本さんがやりたいこと「観客と一緒に舞台を作りたい」という気持ちはわかるのですが、ラストの持って行き方には、もうちょっとひとひねりあっても良かったのではないか。と思いました。

「あれがやりたいこと」だと、想像できるのですが。お気持ちは(お話を聞いたし)わかりますが。その持って行き方に違和感。

私としては、「笑う」ところまでいかずに、あっけにとられてしまったところで終わった、感覚。
というか、置いてけぼりにされた感覚がありました。
ああ、私ならラストは、(もちろん、やりたいことのテイストは大切しながら)こうするなぁ。とかいろいろ考えてしまいました。

初めてみたせいだろうから、置いてけぼり感があったのだろうなぁ。とは思いますけれど。
次回は大丈夫かな(笑)


なにせ、パンフレットに、わざわざ

ご注意
この舞台はコメディーです。真剣な気持ちで観ようとすると痛い目にあいます。
と書かれてありました。

痛い目というのは、このことだったのかな?なんて、考えてる次第です。


でも、私としては、あのラストがなかったとしても、十分にこの舞台を堪能できてましたよ!
一緒に舞台という空間に居ました。(作りあげることまではいかないにしても)

なんだか、「舞台感」「舞台論」というところになっていきそうなので、この辺で。

次回は、友達連れて行きますよ(笑)
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。