とうとう、読み終えてしまった

天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編
上橋菜穂子さん著

tenntimori.jpg
とうとう、読んでしまった。
読み終わるのがさびしくて、長きに渡って積読状態。
ちょっとずつ読み進めていった……はずが、やっぱり最後は、あっという間。

長い長い大河物語は終わってしまった。
読み終えた後は、やっぱり寂しさが残った。

私は、チャグムと別れるのが辛かった。

精霊の守り人では、守られる側のチャグム。
しかし、だんだんと成長していき、戦争という大きなうねりの中、「民を守るべき立場」へと変わっていったチャグム。

さようならチャグム……。


そして、バルサ。

バルサの言葉に本当に、この物語が終わったことを感じる。
生きるか死ぬか、その戦いの中で生きてきたバルサ。


さようなら、バルサ……。





でも、バルサの物語は、まだある様子♪
「上橋版、子連れ狼だな」なんて思う。

文庫になるのを楽しみに待とう。
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR