カササギたちの四季(他二作品)

道尾秀介さん著図書館でまたまた借りて来ました。
一挙に三冊。(市内の道尾さんファン許してね)
ネタばれちょっとあります。

カササギたちの四季
kasasagi.jpg

連作短編集。これまた人物造詣が上手い!
中古屋につとめる男女3人の元で事件が!
店長の華沙々木(かささぎ)が探偵役と思わせて実はミスリード役。
主人公の僕・日暮が探偵♪
事件は起こるが、殺人事件ではないので、軽さがある♪
もちろん、いつものせつなさ、情感はあふれている。これも主人公たちが若くて青春を感じる♪

ラットマン
ratto.jpg

バンドメンバーの死。恋愛を絡めてのお話。これも青春小説♪

題名は親父の絵と鼠の絵。ほとんど同じ絵である。人間と並べるとそれは親父に見える。動物と並べるとそれは鼠にみえる。というもの。

事件の真相も同じで、見方によって、いろいろな解釈ができるというもの。

道尾さんの作品を数々読んでいくうちに、これが作品の肝となっているなぁというのがよくわかる。
主人公が抱えていたもう一つの事件の真相も明らかになる。二つの事件が、「見方」によって違ってくるのである。

竜神の雨
ryuuu.jpg

兄弟と兄妹の二つの家族。続けて読んだせいもあるだろうが、この事件もラットマン等と似た作りをもっている。こちらも、二つの家族を書くことで、お話が膨らんでいる♪ラストは、盛り上がりもあるし、衝撃もある。幕引きも納得できた。兄弟の方は、小中学生。兄に振り回される弟が健気でかわいい♪

三作品は、どれもこれも、読みやすい!!!
お薦めです♪

プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR