泣ける!!!北大路版・子連れ狼

久々にみたのですが、BGM聞いただけで涙が出るのはなぜでしょうか?

余韻を(あえて?)もたせない萬屋版に比べて、北大路版は、本当に泣かせてくれます。
今回は、この余韻たっぷりの泣ける感をまとめてみました。

音楽が良い!
何度も泣いているので、もはや「パブロフの犬」状態になっていて、BGMを聞いただけで、まだまだ、泣ける展開前なのに、涙の方が勝手に出てきます。

いかん、これでは考察になっていません(笑)
考察、考察と。

その何度も泣く原動力となっているのは、
小林翼君の愛らしさ

小林大五郎の愛らしさをメインにおいて、その大五郎の愛しさに目覚める登場人物たちを悲劇的状況に置く脚本が泣かせる。

萬屋版は、原作通りのハードボイルド。あえて、人情味を消している(でも、愛がにじみ出るのですが)余韻は、ばっさりカットです。
その、萬屋版のあっさり感(もちろんお話は面白い。だが、『泣ける』という、面白さではないのです!矛盾してるようですが、あえて泣かせる感はなくしてるとこが、良い)に比べて、しっとり感がある。

北大路版は、やはり人情物といって良いでしょう。
でも、もちろん、硬派な部分はしっかりしてます。それを受け持つ主人公である北大路欣也さんの殺陣&演技は素晴らしい!出て来た瞬間、「ああ、拝さま」と、愛しい気持ちになります。北大路欣也さんとしてみているのではなく、拝一刀として、みてるんだなぁと思うのです。

大五郎の愛らしさの話しに戻りますが、登場人物の別れに際して、
「おばちゃん♪」「お姉ちゃん♪」と、大五郎が声をかける演出。などなど、一つのシーン、カットが長い時間をかけていることで、余韻をもたせて、情感が高まるのでしょう。♪(これは、たぶん、ある種の泣かせるセオリーなんでしょうね。勉強不足ですみません)


さて、両者の最終回の違いのまとめです。(ネタバレあります)

大五郎にかける言葉があるのですが、
萬屋版は原作通り、烈堂との対決前に言って聞かせます。
で、もう、二人がお亡くなりになった後は、スッパーーーーーんと終わります!
え?こ、この長い物語が、終わったの?そうだよね、終わったんだよね。うん。って感じで、この、ばっさり感には、ものすごい潔さがあって、これまた逆に爽快感さえあるのが不思議。

が、北大路版は、烈堂との戦いで、一刀が先に烈堂を討ち果たします。

そして、一刀は、死ぬ前に大五郎に父としての最後の言葉をかけるのです。
「次の世でも我が子はお前ぞ」の言葉を!(ここでは省略・興味のある方は検索してみてくださいね♪)

で、もって、大五郎が、「ちゃん?ちゃん?」と何度も声をかけて。
それでも動かない烈堂に涙しながら、それでも、立ち上がり、顔をあげ。
それを、ひいたカメラがとらえて……。


そして、ここで、主題歌がイン!!!!
いつもなら、オープニングに出るのが、最終回は、ここで来たか!
こう来たか~~~!!!
テロップもボーカルイン
「子らよ~~、あどけなく~~」

とともに、回想が!!!!
ちっちゃい大五郎が、盛りだくさん!!!(1の見てない映像がいっぱいあるので、本当にお宝映像です!)

もう、泣くしかないでしょう!!
やっぱり、小林大五郎が愛しい!

まこと、人として生きるのだ……

刺客の道を歩んでいるらしい大五郎ですが、私の中では、大五郎は、喜と楽にみちた世界に生きてて欲しい

プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR