毒のオヤヂ・阿部頼母

アクションコミックスでは、20巻・『嘉祥兇兆』から登場する阿部頼母

萬屋版では、第三部・14回『嘉祥兇兆』から出ています。
金田龍之介さんが、実に生き生きと演じていらっしゃいます♪
ひぃひぃひぃ~の笑い声がとても耳に残ります。
口元は、差し歯?の特殊メイクで、醜い顔。強烈なビジュアルに加え、この頼母。
ころころと態度が変わります。暗殺を企む不気味さがあるかと思えば、それが失敗して恐怖に震えたり、危機を逃れ、また新たな企みを思いついては、有頂天になったり。
と、喜怒哀楽が、激しい、激しい。

クールに冥府魔道を進む拝さまとは、対照的な人物です。
(ドラマでは、実に、10回も登場します!)

この阿部頼母は・別名・阿部怪異。
要職は、将軍の毒見役。

頼母は、一刀と烈堂、この戦いに一枚加わり、両者を亡き者にしてのしあがろうとします

一刀や烈堂でさえ、あんまり生い立ちは語られないのに、幼少期も語られたりします!
この特別扱い(笑)

が、毒による暗殺もことごとく両者に見破られたりで、毎回、死にそうになります!
でも、頼母、死にませーーーん!
いかなるピンチでも一命を取り止めるのでした。
生への執着が、めっちゃ強いです。

しかし、そろそろ命運が尽きそうなかんじです。


あの手、この手と、卑劣な手段で一刀を追い詰めていった烈堂。
その烈堂が、およそ武士らしくない阿部頼母の登場で、『武士の魂』に目覚めていきます。

この話も長くなりそうなので、この辺で。
烈堂については、最終回が終わった後に、書くことにいたします。
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR