スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここではないどこかへ

鴻上尚史さん著『もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ』の感想です。ちょっと、ネタばれあります。
kokodoko.jpg

この戯曲は、『ここではないどこかへ』のエッセイ集の中に収録されています。

『ハルシオン・デイズ』も再読でしたが、この『もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ』も再読となります。とても懐かしい♪
なぜ懐かしいか?それは、この作品、母・大森みつ子=女優(ミッキー大森)を大学時代に演じたことがあるからです。でも、この本は、持ってなくて。時々図書館で借りてきて読んでます。

持っているのは、こちらです。
パレード旅団
paredo.jpg
パレード旅団は、この『もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ』を改訂したものです。

違いは『もうひとつ~』の方が、家族とレンタルビデオ屋さんが舞台
『パレード旅団』が、家族と中学生のいじめが舞台。
となっています。

自分がやったとこともあるせいなのか、どちらかというと、『もうひとつ~』の方が思い入れがあり、好きです。
鴻上さんは、ひょっとしたら、この作品が好きではない、未完成のものだ。と位置づけているのかもしれないけれど、私は、こちらの方が好きです。
(『家族』の方の場面よりも)ビデオをテーマにした場面の方が好きなので、時々パレード旅団を読んでも、どうも物足りないのです(笑)

で、究極のビデオ(二十一世紀のビデオ)の話が、めっちゃ好きなのです。
後半で出てくる自己のイメージを映像化できるビデオの、あの話しのくだりが好きでねぇ。
ココを読むと、ガリ版刷りの台本の誰かの文字が浮かんできたりする(笑)

ちょうど、「悪夢ちゃん」で、『夢が映像化』されるってのをやってますが。ああ、コレだよ、コレ。とか思います。
「……前略~めざめて驚いた。自分の夢がすべて記録されていたんだ

想像を自由に映像化できる二十一世紀のビデオ
ああ、欲しいわぁ~(笑)

残念ながら当時は、キャストと演出家は、作品を読みこなすことや演じることができなかったので、ギャグとかがことごとく滑っていったり、上演前にもごたごたがあったりと、とても成功した舞台とはいえなかったのだけれど、でも、思い出深い作品。

……そういや、私、前日、熱出して、皆に心配かけたっけ。

練習中、後輩に、「大森みつ子ってのは、森光子さんのことだと思う(そんな感じで演じたらいいのでは?)」と言われて、(そんなん、私にできるわけないやろ)と思ったことは、いまだに強烈に覚えている。
ミスキャストだってことは、自分でも痛いほどわかっていたのだけど。
何せ、大学の演劇部なもんで、人材は足りない(笑)

いまだに、じいちゃんを削ったことは、本当に痛手だったと、思っている。
(舞台を見た人と、鴻上さんから「えーーー」という絶叫が、今、聞こえたような気がします)

でも、これ、ほんと、最後が好きでね~。
これは、演じるよりは、この最後の部分は見る側がいいなぁ。なんて思う。
あ、でも、当時、別の劇団がやったのを見たけど、最後のシーンどうだったか、忘れてる!!
覚えてるのは、「ああ、じいちゃん、やっぱ、おいしい役だ~」の、悔しさだ。


ちなみに、特に好きな台詞は、ラスト、登場人物が全員で言う台詞です。
このエッセイのタイトルにもなっています。

いつのころからか分からないのだけれど、ある街の風景が私の頭にすみついてはなれないんだ。それは、ニューヨークでもトキオでもシャンハイでもメキシコシティーでもなく、そのどれでもあり、どれでもない、ここじゃないどこかなんだ。いやひょっとすると、ここかもしれないどこかなんだ。……~中略~ここじゃないどこかへ、あなたでない誰かと、いやひょっとすると、ここかもしれないどこかへ、あなたかもしれない誰かと~」


プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。