スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵のかかった部屋

『鍵のかかった部屋』をみました。
13303010900001.jpg
貴志祐介さんの作品は大好きで、何冊か持っています。
このシリーズでは、長編『硝子のハンマー』に夢中になりました。
(本棚探したら、みつからない。誰かに貸したっけ?)
防犯コンサルト(本職は泥棒?)榎本径と、美弁護士・青砥純子のコンビが密室トリックに挑む話です。
次々と繰り出される推理。しかし、ことごとく、その推理は否定されていく……のがおもしろかったです。

『狐火の家』が文庫化されて、読んだのは、昨年でしたか。
これは、短編集。収録されている中で『黒い牙』はホラー要素(純子にとっても、自分にとっても)あって、おもしろかったなぁ。


このシリーズもいいのですが、初期のホラーは最高です。

『黒い家』(これも映像化されましたね)は、犯人の心を表す表現が、実におそろしく、当時は、この作品を、新幹線の中で読んでいて、一人、震えていました。

『クリムゾンの迷宮』では、太文字の部分が出てくるんですが、もう、自分の間近で、耳元で声が聞こえたようで、ガクガク・ブルブル。怖かったなぁ。

まだ、『新世界より』『悪の教典』は読んでいないのですが、時間とお金に余裕があれば(笑)読みたくてたまらない本です。

さて、ドラマの感想です。

ドラマ化の情報で、いまか、いまかと、待ち望んでいました。

『硝子のハンマー』を読みかえしている時に、榎本には、真田広之さんが浮かんできて…。いや、現在の真田さんでは、ちょっと年上すぎるんですけど……。でも、そのイメージが浮かんできちゃったのでしようがありません。

あと、じゃあ、純子は誰だってことで、ドラマ化なら、柴咲コウさんかなぁ……。

なんて思ってたら、大好きな戸田恵梨香さんということで、期待は、最高潮!

榎本は、大野智さん。ジャニーズの方にやっていただけるなら、何も言うことはございません(笑)
淡々と、抑揚をつけず、ひたすらしゃべりまくる演出。なかなか良いではありませんか。
(私が空想した真田さんの榎本は、控えめなんだか、ずうずうしいのかわかんないというイメージです)

そして、こんな人おったっけ?の純子の上司に、佐藤浩市さん。

戸田さんよりも、佐藤さんがめっちゃ目立ってて、おもしろいなぁ。
戸田さんは、ちょっとドジなかんじで演じており、なんか、すごく普通の女の子でした。
前作が過激だったので、ちょっと物足りないほどでした。でも、誠実なかんじが、やっぱり、ナオちゃん♪でトーマです♪いいわぁ。
でも、もっと戸田さんに目立って欲しい。

そして、密室。
白い幕、花と、ドアのそばに。腐乱が激しい。ドアのそばのソファ。


私は、そこまでみて、その後…
寝てしまったのでした。



録画は撮ってあるので、少し、考えてから、謎解きをしたいと思います。
え?ブログなんか書いてないで、録画見ろよって?そうですね(笑)

貴志祐介さんの本は、超おすすめです

ps見ました。
dera.jpg

佐藤浩市さんが全部持っていっちゃいましたね(笑)
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。