スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読む、読まない(ボツねた)

本の映像化がありますよね。
みてから読むか、
読んでからみるか。どちら派ですか?

私は、読んでからみることが多いです。

読んだことのある原作の映画ドラマなどは、かならずみます!そして、また読み直します(笑)

先に映画をみたとしても、原作を読みます。

自分の想像と映画の描き方はどうなってるのか?思い通りに描かれてるのか?それ以上なのか?それとも、違ってるのか?と、わくわくします。

配役、脚本、演出などなど。
そうきたか!こうきたか!

みてから、ああ、原作を越えた!とか

原作の方がだんぜん良かった!私ならここをこうするのに!とか
比べるのが楽しみのひとつになっています。

夫には「メディアミックスの思うつぼにまっているな」。と、せせら笑われますが、自分の読んだ本が映像化されたのをみるのが、とても楽しいです。



精霊の守り人もそのひとつです!
第3シリーズも楽しみにしてます


すっぴん!NHK ラジオ
スポンサーサイト

お便り読まれました。ごごラジ!

NHK ラジオ ごごラジ!でお便りが読まれました。
しんどこのコーナー♪テーマは球春到来……。ということで、カープのことをメール。風見しんごさん、神門光太朗アナ、お二人とも笑ってくれてたので、嬉しかった。山田まりやさんがいなくて、ちょっと寂しいけど、引き続き聞いてます。


読まれたのは、以下の内容

いろんな球団を渡り歩いて来ましたが(笑)、現在は、10年くらいカープファンです♪

しかしカープの(ここ一番での弱さ、大事な試合での弱さ)に、ファンをやめたくなっています。

一昨年だったでしょうか?7回までリードしていれば、勝率が7割とか8割とかの時期もありましたよね!!
なのに、今年は、開幕から、5点差を逆転負けとか、サヨナラゲームとか、勝っても、一点差でひやひやとか、もう、動悸が酷いです。

打撃については、ルナ選手の加入のおかげもあり、よく打ってるなあ!と、思います。(私はエルドレッド様のファンです)

打線が、打つ線、線として繋がっている。と、夫も申しております。

なので、とりあえず、投手を、もう一人でも二人でも、どっかから、とって来て下さい(笑)


私の健康ためにも、カープ様、どうかよろしくお願いいたします。


午後のまりやーじゅ最終回

午後のまりやーじゅが3年で終わってしまいました。
パーソナリティが変わっても、午後のまりやーじゅだから、メインの山田まりやさんは残ると思っていたので、大ショックでした。

どれだけあの明るい声に元気づけられたことか……

3年前、松村邦洋さんがパーソナリティーの時に生まれて初めてラジオに投稿

まっちゃんのマニアックな高校野球の話題にリスナーのことを心配していた、まりやさん。
「(高校野球の話題に)ついていってますよ」
と、メールを送って、それが読まれて嬉しかったなあ。


番組が始まる前から期待していましたが、思った通り通り、いや予想以上に楽しく面白かった、午後のまりやーじゅ。

ラジオを聞く楽しみの他に、ラジオに投稿するという新しい楽しみをいただきました!

まりやさん、道谷さん、パーソナリティーのみなさん、そして番組スタッフの皆さん!
本当に楽しい時間をありがとうございました。

たぶん、平日の午後は高校野球以外はまたFMラジオに戻るだろうな。
私はまりやちゃんありきだったので。



午後のまりやーじゅ、おたより読まれた!

ぱぱっと、(とは言い難いですが)
送ったら、すぐに読んでもらえました!

ほんと、朝の番組に比べ……以下自粛。
 
お題はデビュー


鍬(くわ)デビューです。農家のくせして、鍬を使ったことはほとんどなかったのですが、今年、かぼちゃの苗を800本植えることになったのです。

ビニールをかぶせて、トンネルを作るのですが、その際、土でビニールを止めなくてはなりません。風で、ぶっ飛んで行くので、鍬で素早く土を盛るのです。が、できません!デビュー早々、夫から、戦力外通告をうけました。

とほほ。でも、なんとかがんばります。


まりやちゃんからは、(本来はまりやさんというところですが、やっぱり、まりやちゃん、がいいな)頑張ってくださいね!って言ってもらえて、疲れがぶっ飛んで(笑)いきました。

ある番組の比較と批判


ある番組のある回の番組の構成についての批判です。

番組名はわかるだろうけど、伏せます。
放送から時間がたちましたので、これを読んでも傷ついたり嫌な気分になる方はいないと思います。
批判することで、自分の傷ついたプライドを回復したいだけです。

連れに言うと、「そんなことは、番組に言えば?」
と、言われたけれど、そこにもう愛はないのです。番組宛てには言いません。番組スタッフさんがこれを読んでもおそらく反省することも、改善することもないだろうし。

その回は、○さんが最終回でした。
おたよりテーマみて、のけぞりました。

『○さんに聞きたいこと』

ふつう、それは、「初回のテーマでしょ!なぜ?最後の日に」と驚きました。
そして、同時に嫌な気持ちになりました。

私は、そのテーマが発表される前に、投稿をすましていました。
○さんのコーナーをまじえての番組の感想でした。

質問は何も書いていませんでした。『聞きたい』言葉ではなく『言いたいこと・送る言葉』でした。

まるで、私のメールに書いてないことを選んでテーマにしたように思えました。
(ひらたま、あなたのメールは絶対絶対に読んではやらないぞ!ざまあみろ、最後まで読まれることはないぞ!)と、言われたような気持ちになり、悲しくなりました。
が、気を取り直し、再度そのテーマで投稿しました。

さて、放送が始まりました。
挨拶のメールが読まれ、そして、テーマのおたよりです。
「はじめてメールをします」

一発目でそれはないだろうと。ここでも、「何度送っても、そう、あなたのは読まないのよ。分かった?」と、言われた気がしました。
悲しみを越えて、怒りでいっぱいで、最後だったのに、しばらく、番組に集中できませんでした。

色々な質問がありましたが、○さんへの個人的な質問が中心のように感じました。
他の番組の宣伝用なのでは?と感じられました。
私なら、○さんなら、たぶんこう答えるだろうから違う聞き方にするよ。とか思ったり。
女性から多そうな質問(これは邪推かも。女性からの質問はなかったのかもしれません)も、わざわざ男性から二枚も選んで読んでいました。

その質問にも○さんは、誠実に答えておられて、その誠実さに感動するとともに、番組とは関係ない個人的なことなのに。最後の最後に聞くことでもないだろう。と、感じました。

最終回らしく質問は個人的にというよりは番組にまつわるものにして欲しかった。

ブログに過去の放送での写真が何枚も番組終了後にアップされていましたが、こういう話こそ、最終回の放送で取り上げるべきだと思いました。

この私の被害妄想の思いは、まるっきりの思い違いでないことは、翌日の□さんの最終回で確認できました。

もちろん、「はじめてメールします」
というおたよりもありましたが、
それは、番組の後半でのこと。同じような思いをしてる人いっぱいいるだろう。
と、感じるメールでした。

また、おたよりも、過去の放送に基づくもの、印象に残っているもので、その時の放送を思い出して、とてもなつかしく楽しかったです。
○さんと同様、この最終回は、読まれませんでしたが、「あー、言いたいこと、かわりに言ってくれた!あー私も、そう思ってた!そう、そう!」と共感できる思いのメールでいっぱいで、とても楽しい放送でした。

これこそ、最終回!という内容で、終わった後は拍手でした。

読まれてはいないだろうけれど、スタッフさんが、(ひらたまという人からはこんなメールでしたよ!)と、絶対に言ってくれてる!と、思えたのです。

もちろん、事実は全く違ってるかもしれません。
でも、思えたか、思えてないかの違いは、大きい。と、思います。

あなたと一緒に作る番組です。

が、基本概念らしく、冒頭で毎回いってるくせして、

「そのあなたは、あなた(ひらたま)ではないですけど」と思われてしまう番組は失敗ではないですか?

また、こんなに、曜日によって感じが違うのも、ものすごく問題があると思います。
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。