8忍びの累「黒い石の謎編」

その8

もう夏の盛りはすぎ、冷たい秋の風が吹きだした。

樹里亜の事件以来、累は信吾につきまとわれていた。仇討ちを頼まれたとはいえ、樹里亜を殺した者の行方を探ることを、累は躊躇していた。

さて、山賊家業を結衣と五郎に強いるのは信吾も考えたようで、遠い親戚に預け、数人の手下も、堅気の仕事につかせることにしたらしい。

しかし、信吾自身はといえば、街におりてきても、定職にはつかず、ふらふらしていた。それでも、女に貢がせることに長けており、自分の食いぶちには全く困ってないようだった。

「おっいたいた」
累が川辺で寝転がっていると、信吾が話かけてきた。
「おい、そんな所で油売ってていいのか?」

(また、こいつか)
累は横を向いた。

「誰かは知らぬが、こんな虚無僧に何の用だ?」

と、累はとぼけたが、信吾は虚無僧の笠を取り上げた。

「なあ、ちょっと手伝ってくれないか?」
「盗人の手伝いか?なら断る」
「ま、いいから、ちょっとだけだから」
「な、なんなんだ、全く……」
累は引きずられるように、信吾についていった。

その数時間後、累は、旅一座で飛び跳ねていた。

一座の者が怪我をしたということで、助っ人を頼まれたのだ。

一座の看板娘が浪人者に絡まれていたのを信吾が助けたことがきっかけである。その事件の際、娘を守ろうとした役者が足を挫いてしまったのだ。

信吾はすでに男前を買われようで、慣れない芝居をしていた。お粗末な演技ではあったが、本人はいたって楽しそうだ。

「信吾さん、太吉さん、お疲れだったね」

一座の女座長が声をかけた。

累は、ここでは、太吉と名前を偽っていた。

「それにしても座長さんよ、客の入りが今日は少なかったな」

信吾は残念そうに呟いた。

「そりゃ私たちのせいだろ、素人が二人して出てるからな。そろそろ傷も良くなってきたし、暇を貰うとしよう」

「太吉さん、もうちょい、いて下さいな。あんたのとんぼ返りは見た人は凄い、凄い!って言ってるんだから。だから、今まで人気が出たんじゃない!」

女座長は話を続ける。
「ここの二、三日、客が減った。って言うのは、ほら、通りの向こうに見世物小屋が出来たからよ。あそこに人が流れちゃってるのよ。ちょっとあんたたち、見て来てくれない?」

累と信吾は、敵情視察を女座長に頼まれ、その見世物小屋に来たのだった。
しかし、生憎、その日は休演であった。

「何だ、何だ。休みかよ。しゃあねえな、また来るか」
信吾たちを木戸番が呼び止めた。

「おやおや、これはこれは。女座長さんとこの役者さんじゃないですか。舞台を降りてもまあ男前ですなあ」

「お、覚えてくれてたのかい、いや、参ったな。実はおいらたちは助っ人なだけなんだよ。しっかし、男前って、はははこりゃあ参ったね」
木戸番のお世辞を真に受け、信吾は嬉しそうに舞い上がった。

閑話休題、忍びの累

忍びの蘭、改訂、忍びの累。

忍びの蘭でも桃太郎をベースにしてきたんですが、改訂にあたり、ラスボスを含め、累の設定を変更しようと思いつきまして……。

忍びの蘭では、鬼目線でしたが、忍びの累では、違う目線で行こうかなと。

後、配役ですが、主役のイメージが固まったのと、あと、ゲスト(笑)も、最近好きな俳優さんでイメージして、ちょっと変えたりしてます。

あずみをおりんに変えたりとか。

ということで大幅変更なので、忍びの累はちょっとお休みします。

またいずれ。












忍びの累(忍びの蘭改題)

真田太平記、風神の門再放送記念

忍者祭り、第二弾!
忍びの蘭、再掲載!

ずっと蘭って名前が気にいらなかったので、(女みたいなので)今回、改名することにしました。

累(るい)です。

お話は昔のまんまです。新作でなくてすみません。(の、つもりでしたが後半は変更する予定です)
ちょっと誤字とか言い回しを手直しして掲載いたします。

よろしくお願いいたします♪


1忍びの累(忍びの蘭改題)

忍びの累
その1 楓

「伊賀者、才蔵に何を頼まれた。白状しろ」
甲賀忍びに三人に捕らえられた伊賀者は、舌を噛み切ってのけぞった。
甲賀忍びは、憤怒の形相で、伊賀者の体を地面に叩きつけた。
「才蔵の行方を探る。行け、烏」
「は」
烏は、すぐさま駆け出した。
佐助は、伊賀者の吹矢がささった雉の具合を案じた。
「雉の傷はどうだ?」
百舌は首をふる。
「毒がまわったようです」
「ちっ」
佐助は、舌うちをして、爪を噛んだ。
「くそっ、百舌、お前は俺と一緒に来い。行くぞ!」
甲賀忍びは、自害した伊賀者を捨て置いて、いずこへか去っていった。


半時がたち、倒れていた伊賀者の体が、ごろりと動いた。

伊賀者は、口の中の血糊を吐き出した。

(とどめを刺さないとは、甲賀の猿飛佐助も、たいしたことはないな)

伊賀者は、そう思いながら、半身を起こした。
彼にとって脈を一時止めることなど簡単なことであった。

北風が枯れ葉を伊賀者に吹きつける。

(冷えてきたな……)

懐から白布を取り出し、足の傷に巻いた。佐助からうけた手裏剣には幸いにして毒は塗っていないようだった。
たとえ、毒が塗っていたとしても、毒消しの薬は、忍びの任につくときにはあらかじめ飲んでいる。少々の毒なら、半日もあれば解毒される。

累は立ち上がろうとして腰を浮かせた。その時、懐の中で、かちり、と音がした。

(割れたな……)

割れたのは櫛であった。

伊賀者、その名を「累」という。


累は、伊賀の里で別れた女に想いをはせた。

「累……、……帰りを待ってる」

伊賀の里を出る時、その女、「楓」はそう言った。

忍びに人並みの幸せなどあろうはずもない。そのことは、同じ伊賀者として忍びの修行をしてきた楓も分かっているはずだった。使い捨ての駒のような人生に、伴侶などという普通の暮らしは、元来二人の頭にはなかったはずだった。

しかし、二人は情を交わした。

累は、楓の顔を見ず答えた。

「忘れろ」

楓は、一瞬顔を歪めたが、すぐに微笑み返した。

「これを私だと思って持っていって」
楓は櫛を差し出した。

「いらぬ」
累は首を振った。

しかし、楓は無理やり持たそうとした。累は、思わず、はねつけた。

櫛は、土間に落ちて二つに割れた。

「あっ」

楓から一筋の涙が落ちた。
累は、何も言わずに、楓に背を向けた。
同じように、自分の気持ちにも背を向けた。


伊賀の里を出てから一年、累は、小店で同じような柄の櫛を見かけた。

買う気などさらさらなかった。
が、最後に見た楓の顔をが思い出されて足を止めてしまった。

「どれにいたしましょう」
店の主人に声をかけられた。

気がついたら累は櫛を手にしていた。
なまじ、忍び働きの金があったためだ。

その後、累の懐の中にはいつも櫛があった。

任についている最中、懐を握り締めていて、はっとしたこともあった。
働きを終えた日の終わりに、焚き火にあたりながら、櫛を眺める時もあった。

(里に帰ることがあったらこの櫛渡すつもりなのか?あの割れてしまった櫛の代わりに楓に渡そうとしているのか?)

「女々しい奴だ。私は」

累は小さく呟やいた。
何度となく、焚き火の中に櫛を放り投げようとした。
山に捨てることなど簡単なことであったのに、しかし、結局、捨てられなかった。

櫛はいつも懐の中に戻された。


累は、二つに割れた櫛を見て、はたと、気づいた。

「忘れろ」

その言葉は、楓ではなく、自分へと向けられるべき言葉だとようやく気づいた。

累は、立ち上がり、駆け出した。

北風が枯れ草を揺らす。

その中に二つに割れた楓柄の櫛。
鉛色の寒空の下、その赤い柄は小さな花にも見えた。


2忍びの累

その2 結衣

才蔵に会うため、累は山道を急いでいた。

(むっ)

木の上に気配を感じ、累は足を止めた。
山賊が三人、木の上から次々飛び降りてきた。

「金目の物を置いていきな」

この間は、行商姿であったが、今日の累は、編み笠をかぶった武士の姿に変装していた。

「金などない」
一言だけ言って、足早に通り抜けようとした。しかし、相手は、累の行く手を阻んだ。
「金などない。相手にしている暇もない!」

「何だと?この野郎、これが目に入らないのか?」

怯む様子など全くない累の態度に一人が腹をたて、持っている斧を振り上げて向かってきた。
しかし、累はこともなげに身をかわした。 

「ぐぬう!」
振りおろされた斧は、勢い余って、後ろの木にぐさりと突き刺さった。

後の二人も、累の頭めがけて振り下ろそうとする。
累は、それぞれの手首をつかんだ。
「うぅぅ」「ぐうぅ」
二つの斧は累の頭上で、止まったままだ。
累は二人の手首を下に捻った。
二人はくるりと体を回されて、地面に叩きつけられた。

木に突き刺さった斧を抜くことをあきらめた先の男が累に突進してきた。
累は今度はまるで馬跳びでもするようにひらりと飛んで身をかわした。男は、勢いあまって、地面に無様に転がった。

累は、ほどけそうになった笠の紐を結び直し、袴の裾を払い、歩き出そうとした。

が、またしても、男が現れた。

「気にいらねえなぁ」
「お頭、こいつ強いですぜ!」

手下たちは、その背の高い男にすがりついた。
「てめぇらもだらしがねえこったぁ」

お頭は、手下の頭を叩いた。

「持ってるくせに、刀抜かねぇってのが、おいらは、気にいらねえな。その身軽さ、おめえ、侍じゃねぇな……」

累は手下たちに編み笠を投げつけ、駆け出そうとしたが、山賊たちは累の回りをぐるりと囲み、逃げ道をふさいだ。

ざっ。

累は、木の上に向かって、飛び上がった。

「なにい」
山賊たちはあっけにとられた。

累は、木の枝を両手でつかんだ。
そして、まるで猿のように木から木へと移っていく。

「くそっ、生意気な奴め!」

手下が累に向かって斧を投つけた。

斧は累の体をかすめて、枝に突き刺さった。

(むっ)

累は急いで次の枝へと渡ろうとしたが、間に合わなかった。その枝は累の体重を支えきれずに、ぼきっと鈍い音をたてて折れた。

累は、崖から転げ落ちていった。

「ここから落ちたんじゃ助かるめぃ。捨て置くがいいさ。みなの者、行くぜい」

その一部始終を少年と少女が見ていた。


累が目を覚ましたのは、小屋の中だった。
「お侍さん、気がついた?おぶってここに連れてきました。結衣と言います。この子は五郎」
結衣と名乗る少女は、息もつかずにそれだけしゃべった。

五郎は水を持ってきた。
「はい、おじちゃん」

微笑む笑顔は、なんともいえずかわいい。結衣も顔や衣服が汚れていたが、そこはかとなく気品がある。

「ありがとう」
累は礼を言って水を飲んだ。

「お侍さん、すごいね。刀抜かなくても、兄者たちを負かしちゃうんだもん」

「あ、あのね人殺しはしないんだよ。ただ、脅してお金を取るだけ。今はこんなだけど……昔は兄上だって……」

この二人は山賊の仲間だった。

累は、結衣の言葉を遮り、立ち上がろうとした。
「無理だよ。そんなひどい怪我なのに」
結衣があわてて止める。

「そうだ、待ちな。ゆっくり体を治してからにしな。さっきは悪かったな。源三は、気が荒くてなぁ。金もほんとに持ってなかったんだな。ああ、悪いが懐ん中改めさせてもらった。商売だからな」

いつのまにか、山賊のお頭が帰ってきていた。

「兄上、もうやめよう、こんなこと」結衣は言う。

「兄上なんぞと呼ぶな。お頭って呼べ。結衣!」

男は、全然、悪びれずに酒を飲みだした
結衣は、あきらめたように横を向いた。
「薬草取りに行ってくる」
五郎は、お頭の顔色を伺いながらも、結局は、結衣の後を追った。

「少しの間だが世話になる。すまぬ」

「ははは、礼なら結衣たちに言ってくれ。おめえの怪我は元はといえばおいらたちのせいだし。謝ることなんざ……ねぇぜ……」
お頭はまた酒をあおった。


数日後、結衣の看病のおかげか、累の怪我は、急速に回復した。

ある日、累は懐から小刀を取りだした。

「何をするの!」
結衣は咄嗟に腕をのばして五郎をかばい、五郎も短い腕で姉の結衣をかばおうとした。

累はそんな二人を見て微笑した。
「そこの竹を取ってくれないか?」

累は、薪用に置いていた竹を削りだした。わずかな時間で累は竹とんぼを作った。
「はぁ~」
五郎のため息ともなんともいえない嬉しそうな声と、きらきらした目を見て、累は再び微笑んだ。

「ほら、持っていきな」
「ありがと」
「良かったね、五郎!」
五郎と結衣は、小屋の外に駆け出していった。

「だいぶ良くなったようだな。おいらも、おめえのように、ひどい怪我を負った時があったが、おいらは長い間と寝ていたぜい。おめえも、夜も酷くうなされてるようだが……」

お頭は累をじっと見つめた。
「うなされるのは、やはり、傷が痛むのだろうな……」

累も男を見つめ返した。

「お前、名前は?」
と、男は聞いたが、累は押し黙った。

「ふ、お前も名前を忘れたか?それとも言いたくないのか……」

累が口を開こうとするのを男は遮った。
「言いたくないなら、別に聞かない。おいらも、昔の名前は忘れてしまった、いや、すべて捨ててしまったのさ。結衣、五郎。母親は違うが、父親はみな一緒。おいらの兄弟だ。そして、今では、おいらは、山賊の頭領。ははははは。」

「……なぜ、武士を捨てたんだ」

「めんどくせぇからだよ。……って、累よ、おめえさん、なぜ、俺が侍だなんて言うんだ?」

「『侍ではない』と見抜けるのは、あんたが侍だからだ。それと、結衣が、『兄上』と呼んだ。山賊ごときに、兄上と呼ぶのはありえんと思うがな」

「ははっ、こいつはいい。飲めよ!」
男は大笑いした。

「兄上!怪我をしている人に酒を薦めるだなんてよして。冗談はやめてください!」

結衣が戻って来て、兄から酒をとりあげた。

「それに、あなたも!怪我人は寝てください」
「寝てくださぁい」
「昼間は全然痛くないようですけど、夜中、すっごく苦しんでるんですよ。五郎が怖がるくらい、大きな声で叫んでたし」

「そうか……すまない……」
累は二人に謝った。

結衣の手厳しい声と、まねをする五郎。累は二人に押さえつけられるようにして横になった。

「それにしても、おめえ、一体何者だい?おめえさん、粥しか食ってないのに、本当に傷の治りが早すぎる……。傷は治ってるようだが、夜中に痛むってどういうことだい?」

男はますます鋭い視線を、累に向けた。
「おいらの名は藤里信吾だ。ふ・じ・さ・とだ……」

数日がたち、累は小屋を出ることにした。別れを告げると、結衣は寂し気にうつむいた。

旅立ちの朝、小屋には結衣の姿はなかった。

結衣は、山道で累を待っていた。

「私も連れてってください」
結衣は、累にすがった。

累は首を振った。
「連れてはいけない。五郎や兄上たちが寂しがる。……結衣、粥、美味しかった。世話になった」
累は、結衣に頭を下げた。

去って行く累を、結衣は唇を噛みしめて見送るしかなかった。

「さようなら」
結衣の背後で五郎が叫んだ。
「さよなら」
結衣も小さく呟いた。


プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR