その一 兵助、怒りの鉄拳! 

siryuu004.jpg

ぱくり・八丁堀の七人「兵助、怒りの鉄拳!七年前の殺しの秘密を暴け!!」

その一

兵助は怒っていた。
「まったく、もう!どいつも、こいつも、へらへらしやがって!」

その大きな声に北町奉行所の門番は驚いたが、兵助は振り向きもせずに大股で歩きだした。

小雪が舞う寒い日であった。
顔にあたる雪の粒からも湯気が出てきそうなくらい、兵助の顔は高潮していた。

北町奉行所同心・松井兵助。
同心となってからどれほどの時がたっただろうか。勤めには、ずいぶん慣れてきた兵助である。
しかし、時折、のらりくらりして勤めをさぼりがちな同僚たちに、いらいらすることがあった。

先ほども、奉行所内の囲炉裏端で茶をすする磯貝総十郎や吉岡源吾が、上役の悪口を言い合うのにほとほとあきれてしまった。

もちろん、直属の上役・与力の青山久蔵に対しての憤りや不満は、皆と同様に感じてはいる。
青山は、部下に対して、口が悪く態度が悪い。思いやりの言葉ひとつかけず、同心たちを手駒のごとく働かせる。
しかし、青山の悪人を捕らえる腕は確かだった。この「剃刀久蔵」の下で働き、下手人をあげることは、兵助の喜びでもあった。

……あれは、いつのことであっただろう。※

座敷に立てこもった盗賊の手下。それを捕らえようと皆必死だった。
「生きて捕らえるのが御定法」
北町奉行所同心としての心得であった。

しかし、兵助は、その手下の太吉を斬った。
同僚である同心・古川一郎太が斬られそうになるのを、かばって斬った。

その太吉は、一郎太の幼なじみだった。
一郎太には、「太吉を斬るぐらいなら、自分が斬られた方が良かった」と叫ばれ、太吉の母や近所の者からは、「太吉はそそのかされただけだ。斬るなんてひどすぎる」とせめらたてられた。


……だけど、あの時、八兵衛さんは黙って聞いてたなぁ。

「憎むことも生きる力なる。私を憎めば生きてくれるだろう」
自分は憎まれてもいい、息子の後を追って死なないように。と、願う仏田八兵衛の優しさは、あの時の兵助の心にしみた。

過去の事柄を思い出しているうちに、兵助の心も落ち着いてきた。

歩みを止め、肩に降りかかった雪を手で払い、舞う雪を見つめた。
往来の人々は、寒さに身を縮めながら、足早に歩いている。


……青山様は、報奨金を太吉のおっかさんに渡したんだった。

「おいらがもらうぜい」
百両もの大金をあっさりと自分の懐に入れた青山。青山の飲み代に消えるのか思いきや、青山はその百両を太吉の母親へと渡した。

「あの母親の涙を忘れちゃいけねぇ」
あの時、兵助は、青山の非情な表の顔の裏に、町の者をいたわる慈悲深さがある意外な一面を知った。




原作・Answer警視庁検証捜査官第5話「謎の墜落死!? 娘を二度失った母…!!」

※第二回千両箱に罠を張れ!狙われた同心の娘

その二 兵助、怒りの鉄拳! 

その二

「旦那、旦那、松井の旦那!」
岡っ引の徳松が走って来るのがみえた。

「どうした!徳松!」
「旦那、河原に仏さんが……」
「何!」
徳松は、場所を伝えるのもそこそこに、「奉行所の皆にも知らせてきます」と言い、また一目散に駆け出していった。

河原には、もう野次馬が集まっていた。
一足早く、仏田八兵衛と古川一郎太の二人の同心が検分に到着していた。

「殺しですか?」
兵助に気づいて、八兵衛の顔色が変わった。

「兵助、お前は見ないほうが、いいかもしれん」
と、八兵衛は目を伏せ、一度は、兵助の肩を静かに掴んで遠ざけようとした。
「いや、でも、お前も同心の端くれだ。覚悟して拝めよ」
そう言って、兵助の目をまっすぐにみつめた。

「え?八兵衛さん?一体、何言ってんですか?どういうことですか?」
いぶかしく思いながら、兵助はその亡骸の顔を見た。

「お、叔父上?」
兵助は一瞬自分の目を疑った。しかし、そこには、叔父、原田誠之助が横たわっていた。
殴られたのか、それとも、何かにぶつけられたのだろうか、顔には、青いあざが点々と浮かんでいた。

「叔父上ーー、な、なんてこと。叔父上、叔父上、目を覚ましてください!叔父上ーーー」
叔父の遺体にすがりつき、兵助は絶叫した。

取り乱す兵助をみて、一郎太の目にも涙が浮かんだ。身内の死に取り乱すなという方がおかしい。だが、一郎太は、絞り出すようにして声をかけた。

「兵助さん……、落ち着いてください。しっかりしてください」
「バカやろう。これが、落ち着いていられるか!何でだよ!どうしてだよ。何で、こんなところで叔父上が死んでるんだよ!」
兵助は、思わず一郎太のむなぐらを掴んでゆすった。
一郎太は、その腕を離そうともせずされるままになっていた。兵助の悲しみと怒りを全身で受け止めてやった。
その目をみて、兵助はやっと自分を取り戻した。
「すまん、一郎太」

「叔父上の原田誠之助は、行方知れずになってそれっきりでした。姿が消えたのは、7年ぐらい前になります。こんな姿で会うなんて」
そういって、兵助は言葉を詰まらせた。
「とても優しい叔父上だった。そして、正義感にあふれた叔父上だった。六人兄弟の末っ子で、原田家に養子に行っても、同心としてよく手柄を立てていました。その手柄話をする時は、父母も、そして、奉行である一番上の叔父も誇らしげだった。私が同心を目指したのは、この誠之助叔父みたいになりたかったからです」

兵助は一気にまくしたてた。

「そうか、でも、この7年の間、お前の知らない誠之助の人生がこの間にあったのかもしれないなぁ」
怒りと悲しみでいっぱいの兵助に対して、八兵衛は、冷静に言った。

「兵助さん、私たちにできることは、誠之助さんがどうしてこういう亡くなり方をしたのか調べることだけです」
「ああ、今は、それしかないかもしれんな。よし、一緒に行こう、一郎太!」

……今は、探索に専念するんだ。
気持ちを封じ込めるように、兵助は、そう、自分に命じた。

その三 兵助、怒りの鉄拳!

その三

同心部屋には、磯貝総十郎、吉岡源吾、花田孫右衛門の3名が二人の帰りを待っていた。

勇んで聞き込みに行った兵助と、一郎太ではあった。しかし、うつむいて冴えない顔色の二人から、手がかりが何もないことは、三人には簡単に察しがついた。

磯貝が、いちばんに大声をあげた。

「7年も行方知れずになっていたんだろう。一体、何をして暮らしてたのかね。ろくなもん食ってなかったんじゃないのか?ふらついて、足でも滑らせて河原の石にでも頭ぶつけたってのが相場じゃないか?体のあちこちに青あざがあったっていうしな。」

思いやりのない言葉に兵助の目が険しくなった。
その目をみて、吉岡源吾が、磯貝の袂をひっぱった。
「磯貝さん、誠之助は兵助の叔父ですよ」

「ああ、そうだったな。だけど、7年もの間行方不明だったっていうじゃねえか、便りもよこさず、どういう了見だったんだ。そんな男、碌な男じゃないんじゃないか」

「磯貝さん、それはいくらなんでも言い過ぎです。叔父上は、とても律儀で立派な人でした」
「だから、だったら、そんな立派なお方がだな。なぜ、行方をくらますようなまねをしたんだ?」

険悪になりそうな二人を押しとどめるように、孫右衛門が、静かに口をはさんだ。

「その傷のことなんですが、ぶつけた傷にしては、私自身、何か違う気がしましたよ……。今、弥生先生が検分してくれてるそうです。じきに、八兵衛さんが、弥生先生の見立てを聞いて駆けつけてきてくれるでしょう」

「転んでできた傷じゃないとしたら、一体どういうことなんでしょう」
一郎太が頭をかしげた。

その四 兵助、怒りの鉄拳

その四

「なんだ、なんだ、そのしけた面は。ただでさえ、むさくるしい男の顔なんざ見たくもないってのに」
与力・青山久蔵が、いつもの毒舌を吐き散らかせながら、同心部屋に入ってきた。

「磯貝、あの夜鷹が殺された事件の探索は、はかどってるんだろうな」
青山は、原田誠之助の事件の報告を聞くよりも、三日前に起きた話を切り出した。

「あ、あれは、ですねぇ、鋭意探索中でして、あのそのいやはや、なにぶん、手がかりがですね、ばっさり斬られた刀傷ってことはわかってるんで……。たぶん、下手人は侍だとは思うのですが……」
磯貝のしどろもの返答は、これまた、調べが進んでいないことを物語っていた。

「おめえはいつでも、探索中、探索中。それにしては、茶ばっかり飲んでるんじゃねえか。おめぇの頭は、事件のことよりも茶で満たされて、ちゃぽんちゃぽぉんと、音がしてるんじゃねぇのかぃ?」

磯貝はその言葉に思わずゆっくりと頭をふってみた。もちろん音などはしない。
すぐに我に帰って、青山の嫌味を振り払うように、今度は小刻みに頭をふるのだった。

「袈裟懸けの刀傷か……。研ぎ屋にはあたってみてるんだろうな?」

「もちろんですとも、青山様。はい!もう、磯貝さんよりも、この源吾が足を棒にして、この広い江戸の刀の研師にあたってまわっています。しかし、なぜか、どこを当たってみても、誰に聞いても、そういう不貞のやからが持ち込んだ方が、どうしてもみつからないんです。青山様!!!」
青山の問いに、源吾が哀れむように訴えた。

「なんだ、なんだ、そのしょぼくれた面は!」
青山が一喝する。
「まだまだ、探しようが甘ぇんだよ。もう一度でも、二度でも、三度でも、研屋をあたってくるんだ」

「はい、わかりました」
源吾は、そう言って青山に背を向けたが、思わず、愚痴が飛び出す。

「青山様は、いいよなぁ。探して来い。って言っておけばいいんだから。こっちは、休む暇もなく、もう、毎日、毎日、歩いてばっかりなんだから。口だけ動かすのと、足動かずんじゃ、えらい違いだよな、まったく」

小声でぶつくさと言う源吾に、青山も毒舌で返した。

「源吾よぅ。お前さんの口もよく動くじゃねぇか。口や足動かしてるだけじゃなく、ちったぁ、ここを動かしてみちゃあどうだい」

青山は、源吾の頭を景気づけのように扇子で叩いた。

その五 兵助、怒りの鉄拳!

その五

「ばっさり斬られた袈裟懸けの刀傷といえば……」

孫右衛門が静かに口をはさんだ。

「誠之助が最後に追っていた事件も、夜鷹が切られた事件だったなぁ」

「叔父上が調べていた事件って、しかも最後の事件ってどういう事件だったんですか?私もずっと気になっていたんです。父にもまた叔父上に聞いても答えてもらえずじまいだったんです。行方不明になった男など関係ないと、いつも、とてもつれない返事しかもらえずにいたんです」

うなだれていた兵助が、孫右衛門にすがるように聞いた。


孫右衛門の語った誠之助の事件は奇妙な話だった。

夜鷹が殺され、誠之助は事件を調べていた。
でも、そこには、目撃者がいた。
深酒をしてしまい、大木のそばでついうたたねをしていた行商の薬売り・三吉だった。

薬売りは、『夜鷹を殺したのは侍だ』と証言した。そして、誠之助は、その侍を探すべく、毎日探索に出ていたという。

しかし、なぜか、その薬売りの三吉は、証言をひるがえしたのだった。

『自分は深酒をしていたので、たぶん、夢をみていた。侍とみたのは間違えていた』と。
ほどなくして、南町奉行所は、違う下手人をひっぱってきた。
しかし、その下手人も、その夜鷹殺しの証拠不十分で、裁きまでにはいたらなかった。そうこうしているうちに、奉行所の牢内でいざこざがあり、牢の咎人に怪我をさせた。そして、それは、早々に島送りになったのだった。

夜鷹事件は、また振り出しに戻った。しかし、あれだけ熱心に事件に入り込んでいた誠之助は、その後奉行所をやめ、ふつりと姿を消したのだった。


目を閉じ、黙っていた青山。
しかし、その目が見開かれた時の眼は、鋭い光を放っていた。


原作・Answer警視庁検証捜査官第5話「謎の墜落死!? 娘を二度失った母…!!」
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR