スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの激震

2週間に一度くらい図書館に通っています。

延長して借りてることもありますが、最近は読まずに返して、また、次の機会に借りて……という具合です。

短編集は、好みのものだけ読んで。
全部読まなくてもいいかあ。
って感じで。


学びの森くすのきの図書館。

仕事途中なので、ささっと寄ってささっと帰ります。

この間、図書検索すると、安生正さんの最新作「ゼロの激震」があって、寄る予定ではなかったけど、即、行って借りてきました!

人気があるようで、ないことが多かったのです。

3日くらいで読了。
ネタバレありです。


やはり、怖い。

生存者0
ゼロの迎撃

今回は規模がでかくなり、悲惨さ、酷さが増して……。

小説だからいいようなものの。
現実にあったらと思うと怖くて怖くて。
映像化?なんでもかんでも映像化して欲しい私ですが、(前2作はして欲しい)これは、悲惨過ぎてちょっとご勘弁……

ハリウッドが好きそう、やりそうな感じ??
私はまだみてないですが、有名なあの作品に、似てるとか似てないとか……。

ラストのこの辺は、ああ、やっぱりなあ……。
で、着地はこうなるやろなあって感じ。

今回は、生存者0と比べ、その被害の謎が、わりに早く分かるし、展開の予想もついたこと、用語が難しいこと、その3点が読み進むのがもどかしかった。

でも、安生正さんの作品は好みなので(怖いものみたさ)また出たら飛びつくと思います。

実は、似たような(規模は小さい)けど、夢をみてて。

火の玉がどかどか落ち、そして、近所で火柱が立ち上ぼり、それを出窓からみて、ああもう数分したら、この家も終わる。布団にもぐり込み、「おかあさん……」と、つぶやいて意識がなくなりました。

で、夢から覚めたわけですが……。

私の最後の言葉は「おかあさん」(もちろん実母にむけたもの)なのか……と。

いまだに覚えてるのが本当に怖い……。





スポンサーサイト

赤毛のアン 偕成社 村岡花子版 

ドラマ「花子とアン」で、村岡花子さんが「腹心の友」と、訳す場面が出てきました。

私が子供の時から読んできた本は、「心の友」と訳されていて、あれ?村岡花子さんの訳のはずなのに、違ってたのかな?とモヤモヤしていました。

実家に置いてあるのを、母に探してもらい、ようやく見つかりました。

この本は隣のお姉さんにいただいたものでした。
発行は、昭和41年でした。

偕成社 少女世界文学全集

果たして、やはり、村岡花子さんの訳でした。

私には、やっぱり、腹心の友ではなく、心の友ですね。

さて、この本、もうボロボロですが、挿し絵があるのが、いいんですよ。

ちなみに、この赤毛のアンで私がいちばん好きなのは、茶色のふくらんだ袖のワンピースのエピソードです。




最近、読んだ本

図書館で借りたのがほとんどです。

敬称略

小野不由美 ゴーストハント1から7巻

垣谷美雨 夫のカノジョ あなたの人生、片づけます

和田竜 のぼうの城 忍の国

お気に入りの作家さんが増えました!

偉大なるしゅららぼん

idai.jpg

万城目学さん 偉大なるしゅららぼん

まんじょうめ……ではなく、まきめ・まなぶさんの本は、全然読んだことなかったのですが、人気があるようで、けっこう映像化もされてて気になっていました。
映画館で、パンフ見つけて読んだら、設定がめっちゃ面白そう。
図書館でみつけたので、さっそく借りて読みました。

感想は、一言でいうと、めっちゃ面白かったです。

青春ファンタジーとでも言ったらいいんでしょうか。
おのおののキャラクターが良かったです♪
盛り上げ方もよかったなぁ。ラストも私の大好物の感じでした。
映像化したらどうなるかなぁなんて思いながら読みました。
……ぬるいCGだったらと嫌だな(笑)

映画の配役に関しては、あんまりみないようにしてから(笑)読んで、後で確認。
主役の高校生の男3人(と、私は思ってるんですが)にしては、年齢が無理がありそうですが……、
見たいな。

ビブリア古書堂の事件手帖5



三上延さん ビブリア古書堂の事件手帖5

実は、全巻読み終わっていないのに(2巻途中まで読んでいます)
5を先に読んじゃいました。
面白かったので、一気読みでした。
一話完結の本にまつわる話がメインなので、途中飛ばしてもやっぱり大丈夫でした。

あら、そんなことがあったのねぇ。とひっぱる話があったようですけど。
でもそのことはこの5巻、で解決したみたいです♪

でもまた問題勃発です。続きが早く読みたいし、またドラマ化して欲しい。と思ってしまいました。

さて、表紙絵にひきづられちゃったせいなのか、今回の栞子さんのイメージは表紙の人でした。
ああ、また彩芽ちゃんの栞子がみたい!
プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。