スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火村英生の推理

臨床犯罪学者火村英生の推理。

国名シリーズも割りと持ってるし、
ほとんど読んでるつもりだったのですが。

ストーリーをほとんど忘れてました。

私の記憶がどんどを薄れていきます。アウトプットもインプットも、もはやダメか……
終わってる私の脳……

さて、配役、火村に斎藤工さん、アリスには窪田正孝さん!

アリスの窪田さんが、もう、ばっちりでした。

作家アリス、すなわち火村シリーズのアリスは、イメージはもちろん有栖川有栖さん本人に近いのかな?とも思いますが……
(当たっただけでは痛くもかゆくもありません)と、安楽椅子探偵でのご出演が思い浮かぶ……

しかし、私の中では、学生アリスシリーズ。江神シリーズが大好き。

少年のような可愛いらしいイメージがあり、また、漫画版のイメージもついかされ、可愛いらしいイメージは増すばかり。

そんな中、窪田さんの配役はまさにビンゴ。
かーいらしー。
もう、アリス、窪田アリス見たさに見てました。


江神シリーズの本の題名も出てきたりして嬉しかった!

火村については、

人を殺したいと思ったことがある。危うさを持つ(原作にもそういう記述はありますが、原作の火村には、危うさのようなものは、私は感じない)

斎藤工さんは、そんな危うさん持つ火村を格好良く演じてて良かったです(いや、もう、演じてくれるなら誰でもいいです。)

ただ……この犯罪は美しくない……っていう台詞は、なんとかならなかったかな。(斎藤さんが言うと格好いいから何でもありですけど……なんかねえ、もっとなんとか……)

最終回は、なんと……生死不詳で終わってしまい、またまた、ショックを隠せません。


火村よ、山猫に続いてお前もかーーー。


日テレよ、それが、お前のやり方かーーーー。

で、
ネット配信で続編が見れるそうです。

探偵、青の時代は好きな作品なので見たいなー。
この作品を学生アリスと勘違いしてしまい、
え?火村と江神って同一人物?と思ってしまいました。

作家アリスが学生アリスのシリーズを書いてる設定。

そして、学生アリスシリーズのアリス(ミステリ研)も小説を書いてるのです。

だから、火村と江神って同一人物ってことも言えなくはない。


二人はモデル同士ってことなので。

火村=江神

それに気づいて、火村シリーズより、江神が好きって言ってた私ってどうよ……。と、思いました。

あー、探偵、青の時代。好きなんだよなー。
スポンサーサイト

怪盗山猫

怪盗山猫 感想

ネタバレあり。

原作、怪盗探偵山猫が好きで、主役が亀梨クンということで期待大。勝村役には成宮寛貴さん♪犬井役には、池内博之さん!(似合うーー)

でも、最初に違和感。
原作では、記者、勝村は本当の山猫の顔とか居場所とか知らないという設定。
(仲間とか言うわけではなく、勝村は事件に巻き込まれ、山猫に助けられる……って感じかな)

でも、ドラマでは、始めから、山猫は素顔見せてるし。

勝村も、初めっから、バリバリ、チーム山猫の一員。

ま、これもありか♪うんうん♪ありあり

アクションあり、お笑いあり、山猫の「コアって何だよー」のお説教あり

まあ、こんな演出も楽しいか!うん

……それにしても味方多いなあ!

けどまあ、
「ささきくらのすけ黒幕やろー」(笑)

と、一話完結なお話を楽しんでいたのです。

そんな中、ヤバい雰囲気が。
誕生日を祝われる相棒(笑)勝村。

……来たよ、何故か……スローモーション!

うわ!相棒、また犯人?

成宮君、あんたまた悪ーー!

ということで、はい。
またしても、ええもんから悪もんに。でした。

意外で意表つかれた。
ええ、原作ファンからすれば意外や意外で、がーーーん。ショック。

仲良し感満載の違和感は、これか!
このギャップを出すため
の演出のためか。と、納得。


最終回は、精霊の守り人と重なったので、チラチラ見るだけになってしまいました。


で、やっぱり、おっさん、ラスボスでしたー。

山猫がおっさんをグサリやって、自殺しようとしたとこを、ちばすず……じゃなかったひろせすずちゃんが説得して……

最後、アジトに山猫の音痴な歌が聞こえてきたとこでおしまい。

チラチラ見で感想言うのは、とても卑怯なことですが、後半、最終回は、ガッカリ感満載でした。

人工知能っていやはや。
別に悪は全部Sさん一人でいいやんって思ったのでした。

冬ドラマ堪能

冬ドラマ堪能

今回、これだけ多くのドラマを見たことはありません。(朝ドラは日常です)

推理物が多かったのが理由のひとつですが、原作が好きな二作品もあって、もう至福の時間でした。(録画が出来なかったり忘れたりで全話は見れていませんが)

山猫、火村、お義父さん、逃げる女、女友達、ちかえもん、スペシャリスト、鴨川食堂、大岡越前、真田丸、家族のカタチ、なぞの転校生、などなど

そして、謎解きLIVE 四角館の密室殺人事件。
これと、火村、山猫がかぶってしまった

真田丸太平記も始まり、真田丸と比べながらみてとても面白い!(特に草刈正雄さん格好いい!)
さすがに風神の門は2回ぐらいしか見れませんでした。

映画もテレビで、ジャッキーチェン、長靴をはいた猫、キサラギ、トムクルーズなどなど見た。

劇場では、秋から、イニシエーションラブ、トムクルーズ(笑)、007、劇場霊、スターウォーズ、残穢などなど

読書してないわけではなく、図書館ヘビーローテーションだったりします。
 

それぞれの感想を書きたいのですが、
なんせ時間がありません!書く時間があったら見たいから。(書くなら忍びの累とか書き直しが……)

でもって、春ドラマ!

精霊の守り人


待ってました!!

山猫の最終回とかぶってしまい、山猫と守り人を交互にチラチラ見ることとなってしまいました。涙。

精霊の守り人は、最高!
特にアクション最高!
大好きな松田悟志さんがジンなのです!

もう、番組予告やら、雑誌やらネットやら漁りまくってます!



あー、センバツ始まったのでこの辺で。

高商にジーン

あっ、小豆島見逃しちまった!
でも、宣誓みるよ


村上弘明さん主演のサスペンス

村上弘明さん主演のサスペンス

 「新聞記者鶴巻吾郎・優しい顔のこけしに気をつけて!」

じゃなかった、

「新聞記者・鶴巻吾郎・第4作(2010年) 「青梅〜磐梯山に徳川埋蔵金を探す…伝説が呼ぶ湯煙り連続殺人!! 土湯こけしが唄う民謡にお宝の謎!?」

再放送。

突っ込みどころ多し、色々な意味で大喜び。大笑い!

いちばん、私が気に入った台詞は、この
「優しい顔のこけしに気をつけて」
です。

「お前が書いたような台詞やのー」 
と、夫。
プロの作品なのに、こんな感想では失礼なのですが、いたるところに素人臭さが香り、とても親しみがわきました。

最近は、意味もなく、
「優しい顔のこけしに気をつけて!」
と、出し抜けに言って大笑いする
というのがマイブームです。

おおまかなあらすじ。
途中からみたので、すんごい適当です。
ネタバレあるよ。


議員の秘書が死ぬ事件。

その秘書は、ヒロインに俳句だか短歌だかを残していた。

(ヒロインの父ちゃんは埋蔵金の地図を見つけたらしいが山で死んだ)

ヒロインと鐘を調べる村上さん。
果たして、そこには、こけしが!
しかし、こけしを壊すヒロイン!
頭と銅が真っ二つ!

でも、やくざにこけしを奪われてしまう!

こけしにどんな謎が!!

……もう、大好きなつぼがてんこもり。

1村上さんが出てる。
2ダイイングメッセージ?しかも短歌とか俳句とか。
3ヒロインの危機
4謎の品物(今回はこけし)
などなど。

酒場のママやら、怪しい記者など、死にそうな人が死んでいきます。
村上さんが、捜査に首を突っ込むと、警部がうっとうしげにします。皆さん、もうお分かりですね(笑)


さて、色々あって(笑)謎解きです。




議員の息子と、警部が犯人。

二人は覚醒剤の受け渡しに箸立て用こけし(奪われたやつ)を使っていた。山で、(地図入りこけし)と、間違えて持って行こうとしたヒロインの父ちゃんを殺害。

覚醒剤入りこけしに気づいた秘書を毒殺。で、色々あって(笑)次々、殺害。
でした。

突っ込みどころ。

1秘書さん、秘書さん、歌なんか書かずに、犯人の名前書けよー。

2息子が薬に溺れる展開が唐突!自分は秘書に劣等感があり、結果、覚醒剤に手を染めたって、その飛躍が凄い……

3警部と息子は友達同士。友達なら、警察なら、麻薬やめさせろよ!

4受け渡しするなら、友達で、しかも、飲み屋で会ってるんなら、こっそり手渡しする方が安全では?
こけしに入れる意味がわかりませーん!

そもそも、何故、山のこけしに紛らわす?必要ある?ないよね??

山にしたなら、受け渡しの場所に一緒にいるっておかしいよね!!!

やくざがこけしに入れてるとしたら……、身の保全のためには、警部は絶対にこけしに近づいてはいけません(笑)

謎解きの時に白い粉が舞うシーンがあって、村上さんは薬に気がつくんだけど(いや、私はけっこう好きなのよ、こういうの……)

夫は
「末端価格でも物凄く高いはず!粉が舞う?ちゃんと密封しとけよ!!」
と、呆れておりました。

「優しい顔のこけしに気をつけて!」

息子のあだ名がこけしだった。
と、いうことでしたが。

「議員の息子に気をつけて!」

と、言えば早いのになーー。

だいたい、

5秘書も友達。

……殺すなよ……友達なのに……。

でも、面白かったです。

……なんか、このドラマは、こけし、こけし、こけしエンドレスで、伝説らしいですね。
本放送見逃したのが惜しかったなー。
でも、途中からでも、みれてよかった。録画しておけばよかったな♪。

精霊の守り人

ドラマが楽しみ。
松田悟志さんが、ジン役。
殺陣がどんなかな?

ナユグの映像がこれまた楽しみ。
あの世界観がどうなるのか。

楽しみ。公式サイトも出来たようです。
配役頭に入れてまた読みます。

プロフィール

ひらたま@でんぷん

Author:ひらたま@でんぷん
山口県在住 
女性(若くないです)
O型、蠍座
八丁堀の七人と、子連れ狼の大五郎が好き

最新記事
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。